(わす)れじ(ぐさ)

概要

カテゴリー植物
スペルevermind
その他の呼び名シンベルミネ(simbelmynë, symbelmynë)、ウイロス(uilos)、アルフィリン(alfirin)

解説

ローハン語での名はシンベルミネエルフ語での名はウイロスもしくはアルフィリン
エドラスの塚原にある歴代のローハン王の塚山に、一年中四季を通じて咲く小さな白い花。『終わらざりし物語』によると、ハリフィリアンにあるエレンディルの墓所にも咲いている。

城壁に囲まれた丘の麓で、道はたくさんの高い緑の塚山の影の下を通っていました。それらの塚山はどれも西側が雪の吹きだまりのように白くなっていました。小さな花が無数の星のように芝草の間から咲き出ているためでした。
「ご覧!」と、ガンダルフがいいました。「明るい瞳のように芝に咲く花のなんと美しいことじゃろう!」*1

Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、イチリンソウ属の一種で、藪一華のように小さく、白い花。名前の意味は勿忘草(forget-me-not)に似ているが全く異なる種類の花である。*2

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるローハンの王の塚山とシンベルミネ

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この花って、もしやエーデルワイス? -- 2011-08-31 (水) 00:28:29
お名前:

添付ファイル: fileScreenShot00632.jpg 1323件 [詳細]
Last-modified: