山頂(さんちょう)(たたか)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of the Peak

解説

第三紀3019年(大いなる年)の1月23日から25日にかけて、ケレブディルの山頂で行われたガンダルフバルログ(ドゥリンの禍)との闘い。この闘いでガンダルフはドゥリンの禍を滅ぼしたが、ガンダルフもまた傷を負って斃れた。

「下界の霧という霧を見下ろす、目も眩む高所じゃった。そこには太陽が容赦なく照りつけたが、下界はすっかり雲に閉ざされておった。… だれ一人見る者はいなかった。でなければ、後世末長く『山頂の闘い』は数々の歌に歌われるところじゃろうがの。」ガンダルフは不意にカラカラと笑いました。「よしたとえ見た者があっても、何と歌に歌うじゃろうか? かなたから見上げた者は山頂を嵐が吹きすさんでいると思った。かれらは雷鳴を聞いた。稲妻がはるかケレブディルの頂を襲ったと思うと跳ね返って、いくつもの火焔の舌となってくだけたと見た。これだけいえば十分ではないかな?」*1

本項目ではそれに至るまでの両者の戦闘についても述べる。

ガンダルフとバルログとの闘い

モリアでの攻防

1月15日、モリアを通過しようとした指輪の仲間は、そこに巣食っていたオークに察知されて襲撃される。
ガンダルフは追跡を阻むため、マザルブルの間の扉を呪文で閉ざそうとしたが、そこで深層から現れたバルログと初めて対峙した。扉を開けようとするバルログと、それを開けまいとするガンダルフの魔力が拮抗したため、負荷に耐え切れなくなった扉は木っ端微塵となり、その余波でマザルブルの間も崩落してしまった。

しかしバルログは埋もれてはおらず、ドゥリンの橋で再びガンダルフの前に現われる。一進一退の攻防の末、ガンダルフは橋を落としてバルログを落下させるが、バルログは鞭を振るってガンダルフの膝を絡めとり、両者は道連れになって奈落に落ちた。

地の底での死闘

落下しながらも両者は戦い続け、ついに奈落の底にある深い水に達した。地の底でバルログの火は消えたが、代わりにスライム状に変化。「いやはての石の土台」の上で両者は死闘を続けたが、とうとうバルログは逃走に転じ、地上への道を探すガンダルフがそれを追跡した。

両者は名前も持たぬ者たちの穿ったトンネルから、モリアの最下層に戻り、そこから無限階段を上ってドゥリンの塔の窓からケレブディルの山頂に飛び出した。

山頂の闘い

1月23日、白日の下のケレブディル山頂においてガンダルフバルログの最後の闘いが行われ、この闘いの激しさのためにドゥリンの塔は毀たれた。
バルログは再び火焔を吐き出して反撃に転じたが、長い戦いの末、25日にガンダルフはバルログを山腹に投げ落として勝利する。しかしガンダルフ自身も負った傷のために山頂に斃れた。

この後、ガンダルフは再び送り返されて蘇生。ガラドリエルに遣わされたグワイヒアによって山頂から救出されてロスローリエンに運ばれた。そこで治療を受けたガンダルフは白衣に装われ、『白のガンダルフ』として復活した。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

原作では晴天下での決戦だが、映画では曇天の中となっている。ガンダルフは稲妻をグラムドリングにまとわせてバルログにとどめを刺し、山腹に落下させた。

画像

『ロード・オブ・ザ・リング』におけるドゥリンの塔での山頂の闘い

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「投げ落とした」ってのは柔道の投げ技みたいな認識でいいんでしょうかね?体格差すごいありますけど -- 2017-06-27 (火) 12:48:05
    • おそらく比喩的な表現でしょう、エアレンディルもアンカラゴンを放り投げたと書かれてますけど、体格差から言って不可能ですし。 -- 2017-06-27 (火) 13:10:51
    • ガンダルフ「逆らわずして勝つ!」(ドゥリンの禍を背負い投げしながら) -- 2020-07-09 (木) 11:46:52
      • ええ、イスタリには投げ技が存在します。(そっかァ...イスタリって、大地を投げる魔法使い🧙‍♂️なんだ...) -- 2020-07-09 (木) 13:23:03
    • 人目がなくなって本気を出して大丈夫になったガンダルフなら、バルログなみに巨大化してもおかしくないかもしれない。アドレナリン2のステイサムみたいに雷を受けて巨大化とか。 -- 2020-08-09 (日) 17:12:44
  • 地の底から山頂まで10日も続く、マイアールの格が感じられる戦いですね。うまく表現できませんがこの出来事を読むときの感覚が大好きです。 -- 2017-12-07 (木) 19:53:15
    • やっぱりガンダルフもマイアのノ力を解放したのだろうか -- 2020-07-09 (木) 13:59:20
      • 邪悪よお前が失った輝く意志が俺にはある 愛する人を守りたい単純にそれだけさ昔も今でも変わらない♪って歌いながら戦ったんだな -- 2020-07-10 (金) 01:36:03
  • 疲れ果ててるはずのガンダルフ、橋から落ち水の中、地の底、無限階段、山頂で戦い、ついにバルログを打ち倒す。無限の体力、マイアすげー。 -- 2019-02-16 (土) 19:24:22
    • ドゥリンの禍「そんなに誉めるなよ」 -- 2019-02-16 (土) 19:33:32
  • 映画第二部序章のシーンは今見ても興奮ものですが。あの時代においても神話の再現みたいで。後で歌の題材になりそう。 -- 2020-07-16 (木) 22:02:08
    • 同意です。タイトルロゴから地底に落ちるまで映像も音楽も素晴らしい。グラムドリングを空中キャッチして落ちながら闘うなんて、これ以上痺れる戦闘シーンはないんじゃないかと思ってます。 -- 2020-07-17 (金) 22:12:28
      • 俺も同意です。あれは実写化ならではの望外の喜びでしたね。しかし空中でグラムドリングキャッチは下手したら指飛ぶよなぁと思いながら毎回観てますね。 -- 2020-07-19 (日) 02:00:28
      • スゲェ…あのじいさん、落ちながら戦ってる… -- 2020-09-07 (月) 21:52:51
  • だが待ってほしい。戦いの様子はガンダルフの口から語られただけで、だれも実際に目撃していないしバルログの死体も確認していない。つまり、このまま2人とも墜落死してしまうのを避けようと一時休戦し、地底から脱出するため協力する間に友情が芽生え、見逃す代わりに当分は眠りにつくことで取引が成立した可能性も否定できないのである。 -- 2020-07-18 (土) 01:44:41
    • じゃあ何故ガンダルフは灰から白にパワーアップさせてもらったんだい? -- 2020-07-18 (土) 04:34:34
      • 裏切ったサルマンの代役を任じられたんだろう -- 2020-07-18 (土) 07:20:27
      • 冗談半分で言った事にマジになるなよ・・・ -- 2020-07-18 (土) 13:38:42
      • エルさんもグルだった。 -- 2020-07-19 (日) 01:10:11
    • 演出過剰は認めるが何気にガンダルフは強硬派だからねぇ。もうちょっと泥臭い格闘だったとか、投降してマンドスの館で謹慎とかならまだあるかな。だが原作通りを推奨する。 -- 2020-07-18 (土) 14:49:02
      • 北斗の拳かドラゴンボールばりの超格闘なんかもあったりして -- 2020-07-18 (土) 15:22:56
      • 落ちた後、ガンダルフさんも負けじとヌルヌルしたものになって貪食合戦、「活躍想像図:巨大アメーバ(怒れる赤き惑星に登場)VS人食いアメーバ(マックウィーンの絶対の危機に登場)」なんかもあったりして。 -- 2020-07-19 (日) 00:13:06
      • なんか銀魂の作者の「相手ではなく自分が話したい事しか頭にないから会話が成立せずきめえんです」って発言をふと思い出した。https://matome.naver.jp/m/odai/2147547318390294701 -- 2020-07-19 (日) 01:54:44
      • 軌道修正が必要だ。しばらく露骨なネタは自粛しては如何だろうか。 -- 2020-07-19 (日) 08:56:47
      • 露骨さというか、別に会話やコミュニケーション成り立ってればそれでいいんだろうけどね...。 -- 2020-07-19 (日) 10:10:40
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: