山岳人(さんがくびと)

概要

カテゴリー種族
スペルHill-men

解説

ルダウアにいた人間の民。アングマールと密かに結託しており、ルダウアの実権を握った。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

北連丘アングマールに多数、コルクル、クレオスなどの様々な山岳人の部族が自由の民の敵として登場する。ごく一部の山岳人は、アングマールに従うことをよしとせず、自由の民の味方になってくれる。

コルクル(Corcur)
ルダウアを支配していた山岳人の一派。ルダウアが滅びたあと、霧ふり山脈に逃れてその地の雪に耐え生き残った者たち。彼らはアングマールの勢力と手を組み、ヘレグロドを占拠した。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • もしかしたらバスク人がモデルかもしれない。それでなければサムニウム人などイタリアに住んでいた山岳民族だな。 -- ホビット 2008-12-30 (火) 19:49:47
    • スコットランドのハイランダーのイメージ、ってことはないかな。 -- 2021-01-14 (木) 13:46:05
  • ベレリアンド崩壊時に難を逃れた東夷の一派の末かもしれませんね。 -- 2019-01-11 (金) 16:59:00
  • アングマールの後ろ盾があったとはいえ、ルダウアの実験を握るくらいだから武力や人口はそれなりにいたんだろうに、一切出自が分からんよな。もしかしてビヨルン一族の一派が堕落した民だったりして。 -- 2021-01-12 (火) 13:17:02
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: