宝玉戦争(ほうぎょくせんそう)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルWar of the Jewels
その他の呼び名大宝玉戦争(War of the Great Jewels)
ベレリアンドの戦い、ベレリアンド戦役、ベレリアンド戦争(Wars of Beleriand)
ベレリアンドの合戦(Battles of Beleriand)
ゴブリン戦争(Goblin-wars)

解説

第一紀ベレリアンドにおいて行われた、シルマリルを巡る一連の戦争。『シルマリルの物語』「クウェンタ・シルマリルリオン」にその内容が記されている。

冥王モルゴスはシルマリルを我が物としてアングバンドに立てこもり、バルログなどの堕ちた精霊や、オークトロルといった怪物、東夷のような悪しき人間たちを使って中つ国の制圧を目論んだ。
これにシルマリル奪回を目指すノルドールや、自由の国を守ろうとするシンダールなどのエルフが抵抗し、エルフの友たる人間のエダインと同盟してモルゴスと戦った。

主な戦いには、以下のものがあった。

また、第三と第四の合戦の間の約四百年は、アングバンドの包囲により大規模な戦乱のない比較的平穏な期間だった。

ホビットの冒険』で触れられている「ゴブリン戦争」とは、この戦いのことと思われる。

コメント

コメントはありません。 Comments/宝玉戦争?

お名前:
Last-modified: