奥谷(おくたに)

概要

カテゴリー地名
スペルDeeping-coomb

解説

ローハン西谷にある、入り江のように白の山脈へ食い込む谷間。緑の芝生に覆われた肥沃な土地で、多くの農家があった。
谷の東側は切り立った岩壁で、西側は長い斜面を持つ尾根。南側にヘルム峡谷があり、ヘルム峡谷の手前にはやはり草で覆われた、なだらかな下り勾配の広い三角地がある。ヘルム峡谷から流れ出た渓流は三角地の真ん中を穿つ小峡谷となり、三角地を塞ぐヘルムの堤防の破れ口から出て、奥谷、西谷へと流れ出る。角笛城から出た道も堤防の破れ口を通って谷間を下り、奥谷の下でエドラスへ向かう道とアイゼンの浅瀬へ向かう道に分かれる。

指輪戦争角笛城の合戦では、ガンダルフエルケンブランドに率いられた西谷の歩兵1000人の援軍が、西の尾根からアイゼンガルド軍を攻撃した。またヘルムの堤防から2ファーロング*1下ったところから、奥谷はいつの間にかフオルンの森に覆われており、敗走するアイゼンガルド軍のオーク達を飲み込んだ。
その日の夜、森はロヒアリムが倒したオークの死体もろとも消え去り、森があった場所は芝生が荒らされて地肌が露わになり、緑の谷間は茶色になっていた。また堤防から一マイルほど下った場所には死の丘が築かれており、この丘にはその後草一本生えなかった。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ヘルム峡谷の手前は荒れ地で、ヘルムの堤防は登場しない。援軍はガンダルフエオメルに率いられた騎兵隊で、ヘルム峡谷から見て右側の尾根から攻撃する。エクステンデッド・エディションの追加シーンではフオルンの森が登場する。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

お名前:
Last-modified: