(だい)スミアル

概要

カテゴリー地名
スペルGreat Smials

解説

ホビット庄トゥック郷タック村にある、トゥック一族が共同生活を営むスミアル第三紀2683年、トゥック家系第10代セインとなったアイゼングリム・トゥック二世によって緑山丘陵に掘り始められた。

指輪戦争時、ごろつき達がホビット庄を支配するようになっても、トゥック一族は当時のセインであるパラディン・トゥック二世の下でトゥック郷にごろつき達を近寄らせなかったが、それは大所帯を収容できる大スミアルの存在が大きかった。

指輪戦争後、ペレグリン・トゥックがセインになると、彼や彼の後継者は、エレンディルやその子孫に関する資料・伝承の写本、抄本を、大スミアルに数多く収集した。ホビット庄において、中つ国の西方諸国の歴史についての豊富な資料が見いだせるのは大スミアルだけだったという。フィンデギルの筆写によるセイン本の写本は大スミアルに収蔵され、西国年代記が記されたのも大スミアルだと考えられている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における大スミアル

コメント

コメントはありません。 Comments/大スミアル?

お名前:

添付ファイル: fileGreat smial.jpg 233件 [詳細]
Last-modified: