(だい)ゴブリン

概要

カテゴリー人名
スペルGreat Goblin
異訳悪鬼(ゴブリン)の首領、ゴブリン王
種族オークゴブリン
性別
生没年不明~†第三紀2941年

解説

霧ふり山脈ゴブリン町にいた、巨大な頭を持つゴブリンの首領。

ホビットの冒険』においてトーリンとその仲間は、それと知らずゴブリン町の入口である洞窟で休息していたところをゴブリン達に捕らえられ、この大ゴブリンの許へ引き据えられて尋問された。大ゴブリンはトーリンが所持していたオルクリストを見て、彼らがエルフの仲間だと知り激怒するが、直後にトーリンたちを助けに来たガンダルフグラムドリングの一撃を受けて討たれた。
これに霧ふり山脈中のゴブリンは怒り、アゾグの息子ボルグを大将としてグンダバドに集結後、はなれ山を襲撃し五軍の合戦となった。

画像

アラン・リー作画による大ゴブリンら

映画『ホビット』における設定

俳優バリー・ハンフリーズ(モーションキャプチャ及び声)
日本語吹き替え土師孝也

特にエクステンデッド・エディションでは歌うシーンが増えるなどコミカルな要素が増やされる一方、ノーリが盗んでいたエルフの食器を見て、裂け谷で作られた第二紀のものだとすぐに見抜くなど、意外と博識な面も見せている。

画像

『ホビット』における大ゴブリン

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

このゴブリンの後継者の大ゴブリンが、霧ふり山脈のゴブリン町にいる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • エルフの面影を残しているような。 -- 2013-12-30 (月) 14:37:32
  • 吹き替えがスネイプ先生なのに驚き -- 2014-01-06 (月) 23:55:43
    • 土師孝也さんだったのか。トキとかアミバとかの -- 2016-04-16 (土) 09:23:06
  • エクステンデット・エディションの大ゴブリンが可笑しい、ファンになりそう。 -- 2014-01-26 (日) 15:30:29
  • うわらば -- 2014-10-29 (水) 12:25:08
  • 自分がゴブリンに生まれたらこの大ゴブリンに治められたいものだ -- 2015-05-05 (火) 18:24:28
    • 確かに。ゴブリンにもわずかなりとも美質ありとすれば、霧ふり山脈のゴブリンらの大ゴブリンへの忠誠ないし愛情でであろう。 まあ「かしらぁ殺られて泣き寝入りしとったら、この稼業やっとれんのですわ」なのかもしれぬが。 -- 2015-11-14 (土) 00:07:35
  • ロープウェイのような装置で手紙を運んでいた小さな個体もいたことですし、きっと個体差の大きい種族なんでしょうねえ -- 2016-04-16 (土) 02:44:44
    • ウルクなんだかオークなんだか分かんないのチラホラいるよね ホブゴブリンと呼ばれてたの中には結構ウルクが混じってるらしいけど -- 2019-12-03 (火) 20:33:04
  • 映画だと、明らかにフィジカル面で脆弱なゴブリンでも“祐筆”としての仕事が与えられているところを見ると、よい統治者だったのかもしれない。 -- 2017-06-01 (木) 13:53:42
    • めっちゃイメージ変わりましたw -- 2018-10-08 (月) 17:24:08
      • いわば彼ももう1人の「山の下の王」だったわけですね笑 -- 2018-10-12 (金) 00:46:13
      • 霧降り”山脈”なので「山々の下の王」と呼ぶと大物感が増しますw -- 2018-10-12 (金) 17:17:40
    • 蛮族を束ねるのはかなり難しい。腕っぷしが良いのはもちろん、頭も切れないとあっという間に下克上される。気前の良さも -- 2018-10-12 (金) 23:29:50
  • ゴブリンスレイヤーさんに駆逐されそう -- 2018-10-12 (金) 02:11:21
    • アイツら本当は指輪物語の ウルク=ハイの慣れ果てだろ ホブゴブリンが先祖返りとされてたり読んでたら分かる -- 2019-07-04 (木) 10:23:24
    • このイラストがモデルになってるであろう事はよく分かる 本来ウルクであったろう連中が大半オークかそれ以下並みに退化か種としての経年劣化はしてるけど -- 2019-12-03 (火) 20:35:35
  • ゴブリン町の大ゴブリンとモリアのアゾグ、ボルグ親子とはどのような関係にあったのでしょうね。ボルグは敵討ちとしてはなれ山まで遠征してますから、浅からぬ付き合いがあったと思われますが… -- 2018-10-15 (月) 12:26:02
    • 大ゴブリンもアゾグも「頭部が大きい」と共通した特徴が書かれてますから、おそらく同族だったのは間違いないでしょうね。アゾグと共に霧ふり山脈に派遣された一族郎党の生き残り、といったところでしょうか。 -- 2018-10-15 (月) 17:52:57
    • ヤクザみたくシマを分け合ってるんじゃない? -- 2019-12-13 (金) 20:09:13
  • 大量のゴブリンが押し寄せ粗悪で残忍な武器で襲い掛かる中必死に逃げる緊迫したシーンをコミカルなシーンに変える重要なキャラクター。冷静沈着な王だったらゴブリン襲撃のシーンはもっと恐ろしく描かれていただろう -- 2019-10-13 (日) 19:39:56
    • 映画版の彼は決して暗愚ではないけど、そのコミカルさからアゾグの引き立て役みたいで少しかわいそうだったな。俺はまだ仕えるならアゾグより彼の方がいいわ...。 -- 2019-10-14 (月) 00:57:07
お名前:

添付ファイル: filegreatgoblin.jpg 749件 [詳細] filevlcsnap-00051.jpg 579件 [詳細]
Last-modified: