(おお)いなる豊饒(ほうじょう)(とし)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルGreat Year of Plenty

解説

第三紀3020年(ホビット庄暦1420年)のこと。ホビット庄ではかつてない豊作であったことからこの名で呼ばれた。
この年生まれた子供はホビットにしては珍しい金髪の持ち主が多かった。

前年にはサムワイズ・ギャムジーガラドリエル庭の土を庄内に散布しており、おそらくその祝福によってもたらされたものであろうと考えられる。

全体としてもホビット庄の一四二〇年は驚くべき年でした。照るにしろ、降るにしろ、適切な時を得て、申し分ない量を持った恵光恵雨のせいだけではなく、何かそれ以上のものがあるように思えました。それは豊かさと生成の気であり、この中つ国をゆらゆらと束の間通り過ぎてゆく現世の夏の恵みを超えた美のきらめきでありました。*1

3020

事象
313フロド病む(ちょうど1年前のこの日、シェロブの毒を受ける)
46宴会広場マルローンの樹の花開く。
51サムワイズローズと結婚する。
夏至*2フロド庄長職を辞任し、小足家のウィル復職する。
922ビルボ130歳の誕生日を迎える。
106フロドふたたび病む。

第三紀最後の年へ続く

コメント

コメントはありません。 Comments/大いなる豊饒の年?

お名前:
Last-modified: