(なつ)(もん)

概要

カテゴリー
スペルGates of Summer
その他の呼び名Tarnin Austa

解説

ゴンドリンの一大祝祭。この祝日の当日、ゴンドリンモルゴスの軍勢に蹂躙された。

The History of Middle-earth』における記述

夏の門の祭りの前夜、真夜中から祭礼を始め、夜明けまで続ける。ゴンドリン市内はこの間人声がしないが、日の出とともに住民は東側の市壁に集まり、古から伝わる歌を歌って夏の到来を讃えるという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 別名&HoMe設定を追加しました。間違いなどありましたら修正お願い致します。 ところでHoMeの記述からするに、「夏の門」はやっぱり夏至なんでしょうか。 -- 門前小僧 2011-08-10 (水) 13:27:34
    • そもそも”夏”や”夏至”や”真夜中”や”夜明け”という概念は太陽が誕生してから生まれたのでは。そうだとしたらエルフの歴史的には新参者の祭事ということになる。ならば、古くから伝わる歌とはいったい… -- 2018-06-24 (日) 07:53:15
      • 太陽が昇るより以前から季節という概念は有る。メルコールが二つの木を襲撃したタイミングはちょうど秋の収穫を祝うヴァリノールの祝祭の日であった。なぜアマンに季節があったかというと、アイヌアがエルダールと同じように物質的な姿をまとって飲食を共にすることを望み(本来アイヌアには必要ないはず)、大地の恵みが一斉に実る時期を設定したことに由来する。つまり、太陽不在の二つの木の時代にも暦の上での夏至は存在していたはずなので、様式こそ変われどもその頃から続く由緒正しい祭事だと思われる。 -- 2019-01-13 (日) 01:05:44
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: