土手道(とりで)

概要

カテゴリー地名
スペルCauseway Forts

解説

ミナス・ティリスからオスギリアスへと向かう広い道がランマス・エホールと交わる部分を守る砦。銃眼付きの物見の塔に挟まれた門があり、ランマス・エホールの中でも特に防御が固かった。ここから先のオスギリアスへ向かう道は土手道(Causeway)と呼ばれ、この道も防壁で守られていた。

指輪戦争では3019年(大いなる年)の3月12日、モルドール軍にオスギリアスの渡河を許したゴンドール軍がファラミア指揮のもと土手道砦で立て直しを図った。だが翌13日に攻撃を受けて砦は破壊され、ゴンドール軍は撤退を余儀なくされた。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ランマス・エホールが登場しないので、土手道砦も登場しない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 多分原語では「銃」の意味は入っていないのだろうし、「銃眼」は「矢挾間」とかのほうが良かったかもね -- 2015-03-30 (月) 12:21:19
    • あーでもそうなると建物のイメージが日本的になりすぎちゃうか…… -- 2015-03-30 (月) 12:21:43
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: