十字路(じゅうじろ)

概要

カテゴリー地名
スペルCross-roads

解説

イシリアンにある、黒門からハラドまで南北に通る道(ハラド街道)と、オスギリアスからミナス・イシル(ミナス・モルグル)に通じる東西の道が交差する場所。巨大な古樹の木立ちが環状に取り囲んでいる。

ここにはゴンドール人が作った王の坐像が置かれていたが、指輪戦争時にはモルドールの奴隷達によってひどく損ねられていた。

束の間の赤々とした光が巨大な坐像の上に落ちました。アルゴナスの大きな石の王たちと同じように静かにいかめしい姿です。歳月が蝕み、凶暴な手が傷つけていました。頭部がなくなっていて、その代わりにそれを嘲り真似て、粗く切り出した丸い石が載せてありました。そしてそこには野蛮な者たちの手で、額の真ん中に大きな赤い目が一つにたりと笑った顔と見せたものがぞんざいに描かれていました。坐像の膝に、巨大な椅子に、また台座に余すところなく、モルドールの蛆虫どもが用いるけがらわしい記号をまじえた落書きがありました。
突然フロドは、水平に射し込む光線に照らされて古びた王の頭部があるのを見ました。それは路傍に転がっていました。「ご覧、サム!」かれは驚きの余り声をあげ、思わず口を利いてしまいました。「ご覧! 王様はまた冠をつけてられる!」
目はうつろで、彫刻した顎鬚はこわされていましたが、秀でたいかめしい額のまわりには銀と金の花冠がありました。小さな白い星々のような花をつけた蔓草があたかも倒れた王に敬意を表するように、額に巻きついていました。そして石の髪の割れ目には黄色い弁慶草が光っていました。*1

後に黒門の戦いへと赴く西軍が十字路を占領した際、彼らは土地勘のある弓手からなる強力な守備隊をここに置いて、東のモルグル峠や南から来る敵に備えさせた。
それとともに王の坐像も修復された。落書きは洗浄されて、オークの作った頭は落とされて砕かれ、花冠を付けた頭部が元のように据え置かれた。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

エクステンデッド・エディションで、セリフはないが原作通り、破壊されて地面に落ちていたゴンドールの像の頭部に、冠のように花がかかっているのをフロド・バギンズが目撃している。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における十字路の像『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における十字路の、復元された像

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ここに街やら作れば、あの当時なら交易等で栄えそうなはずだが? -- 2016-12-18 (日) 14:25:55
    • 戦略上は重要ですが、交易的にはさして重要な地点ではないですよ。街道は黒門あたりで途切れていて、十字路より北には物品を運ぶ目的地が無いんですから。十字路で立ち止まるまでもなくオスギリアスかミナス・モルグル方向へ行けば済みます。 -- 2016-12-18 (日) 16:07:50
  • 「にたりと笑った顔」の意味が今までわからなかったけど、“チェシャ猫のようにニヤニヤ笑う”という英語の慣用句と関係がありそう。さらに不思議の国のアリス(1865年)に登場するチェシャ猫は、胴体がなく頭部だけで登場する場面がある。また、チェシャ猫の耳から耳まで届くほどに裂けた口の形は三日月の形にも見えると言われ、ルナティック的な狂気を連想させるらしい。 -- 2021-03-14 (日) 17:22:20
    • せ、説明したがりですね…。そんなwikiみたいな説明しなくとも評論社の指輪物語 二つの塔(下)p249には寺島龍一氏の挿絵で「にたりと笑った顔」がしっかり描写されていますので一読をおススメします笑 まさにチェシャ猫のような邪悪なニンマリ笑みがよく描かれてますよ。 -- 2021-03-14 (日) 20:09:36
      • 十字路、イシリアン(月)、夕刻、赤目、ウィッチ、のキーワードから、ヘカテーとブラックドックの逸話にばかり気を取られて、さらにイギリス特有の猫の属性も込められていると理解出来てなかったのです。サウロンは黒い狼の主ではあるものの、彼自身はたびたび猫の性質を示すということを改めて認識させられました。 -- 2021-03-14 (日) 20:51:27
      • そ、そうですか。よかったですね...。 -- 2021-03-14 (日) 21:51:33
      • なんなのこの流れ。 -- 2021-03-15 (月) 08:01:14
    • オーク達がわざわざ裂けた口を造形したのは、サウロンご本人の顔がその通りとも考えられるか。そ、そうなら、オンラインゲーム版のサウロンの素顔の歯が剥き出しの表情のデザインも理に叶っているわけね…。 -- 2021-03-15 (月) 05:36:04
      • あれは初見時の率直な感想が(まあこのwikiで見たんだけど)、「これでok出たのかぁ...」だったなぁ。
        威厳も糞もない。 -- 2021-03-15 (月) 07:41:50
    • 映画サウロンの口のデザインも嗜虐的な笑みを具現化したような存在だった。原作サウロンの口の当たり障りない外見描写のすました彼より、映画の彼の方がなんというかはっちゃけていて好きだ。 -- 2021-03-15 (月) 10:55:54
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot00548.jpg 263件 [詳細] fileScreenShot00624.jpg 464件 [詳細]
Last-modified: