(ちから)指輪(ゆびわ)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルRings of Power
異訳魔力の指輪
その他の呼び名偉大な指輪、大いなる指輪(Great Rings)

解説

一つの指輪』『三つの指輪』『七つの指輪』『九つの指輪』の総称。強大な魔力を秘めた指輪。一つの指輪はサウロンによって、三つの指輪はケレブリンボールによって、その他の指輪はサウロンの助力を受けたグワイス=イ=ミーアダインによって作られた。

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、
 七つの指輪は、岩の(やかた)ドワーフの君に、
九つは、死すべき運命(さだめ)人の子に、
 一つは、暗き御座(みくら)冥王のため、
影横たわるモルドールの国に。
 一つの指輪は、すべてを統べ、
 一つの指輪は、すべてを見つけ、
 一つの指輪は、すべてを捕らえて、
  くらやみのなかにつなぎとめる。
影横たわるモルドールの国に。*1

九つも、七つも、三つも、それぞれそれにふさわしい宝石がはまっておった。しかし、一つの指輪は違う。それは丸くて飾りがない。まるでそのへんのつまらない指輪と同じだ。しかし、その作り手はその指輪に銘を入れた。練達の士であれば、おそらく今でもそれを目で見、読むことができるだろう。』*2

歴史

「はるかな昔、エレギオンで、エルフの指輪が数多く造られた。魔法の指輪というやつじゃ。むろん、種類はいろいろあった。あるものは非常に強力であったし、あるものはさほどでもなかった。 力の弱い指輪は、技がまだ未熟であった頃の試作品にすぎなかった。それらはエルフの細工師どもにとっては、くだらないものでしかなかった――しかしそれさえ、限られた命しかもたぬ者には、やはり危険だと思われるがの。まして、偉大な指輪、魔力の指輪となれば、その危険は破滅的ともいえるほどなのじゃ。」*3

第一紀が終わり、マンドスの呪いが停止された後も中つ国を去りがたく留まっていたノルドールは、荒廃し移ろいゆく此岸(中つ国)への嘆きと、西方の至福への憧れから、世界を癒し、かつ豊かにする力と技を望んでいた。一方でモルゴスの凋落後も中つ国に隠れ潜んでいたサウロンは、見捨てられた世界を自らの望む形に再建しようとし、そのために自由の民を意のままに動かすことのできる手段を欲していた。
ノルドールの願望を見抜いたサウロンは、意図と正体を隠してかれらに接近。その働きかけによってエレギオングワイス=イ=ミーアダインが製作したのが、試作品として作られた多くの力の弱い指輪と、完成作であった十九個の大いなる力の指輪であった。
しかしその知識はサウロンから提供されたものであり、それらには彼の悪しき意図が吹き込まれていた。やがてサウロンはモルドールオロドルインにおいて、すべての力の指輪を支配する一つの指輪を完成させた。
上掲の力の指輪の詩は、その際にサウロンが口にしたのを、遠く離れたエレギオンでケレブリンボールが耳にして、後世に伝えられたものである。

サウロンの歌うことばを知ったエルフ達は彼の正体と意図に気付き、かれらの三つの指輪を隠して使用しなかった。そこでサウロンはエレギオンを攻め滅ぼし、力ずくで指輪を奪い取ろうとした。
ケレブリンボールは拷問にかけられ、七つの指輪九つの指輪はサウロンの手に落ちた。だがケレブリンボールは三つの指輪の所在だけは明かさないまま死に、それらはサウロンの魔の手を免れた。サウロンは手中に収めた七つと九つに手を加えて邪悪に歪めると、それぞれをドワーフ人間の王侯に分配し、中つ国への支配力を増大させた。

第二紀の終わり、エルフと人間の最後の同盟によってサウロンは辛うじて打ち倒され、一つの指輪は彼の手から奪い去られた。しかし一つの指輪は破壊されなかったため、指輪に込められたサウロンの力は生き続け、一つの指輪に支配されている他の力の指輪の効力も作用し続けた。
第三紀に復活したサウロンは、九つの指輪を掌握し、さらに七つの指輪のうち三つを取り戻したために、再び中つ国の大部分を支配できるだけの力を得た。

第三紀末の指輪戦争で一つの指輪が破壊されると、すべての力の指輪も次第にその効力を失っていくことになった。

効果

元来、力の指輪はエルフの願いである、中つ国の荒廃を癒し、美しく価値あるものを時の流れから保護するという目的のために作られた。そのため全ての力の指輪には共通して、時による老いや衰えを遅延させ、またそのものが生来持っている力を高めるという効果があった。
だがそれは同時に、その者が抱いている願いや欲望をも強くするという危険性をはらんでおり、人間のような限りある命の者にとっては破滅的に危険なものであった。

サウロンが手を加えた七つと九つの指輪は、使用者を彼の支配する「幽界」に引きずり込むことで、その姿を不可視にし、同時にその者が本来見ることのできない領域の物事を見られるようにするという力を併せ持つことになった。

九つの指輪を与えられた人間は、指輪の力に助けられて強大な権勢を振るうにいたったが、いずれも最後にはサウロンに隷属する幽界の存在ナズグールと化した。
七つの指輪を与えられたドワーフは、頑強な性質のために完全にはサウロンの思い通りにならず、影の存在と化すことはなかった。だが富への欲望をかき立てられ、富を得る手段として指輪を使ったために、富による破滅を招いた。
三つの指輪ケレブリンボールからエルフの賢者達(三つの指輪の守護者)に託された。彼らはサウロンの手に一つの指輪がある間は、決して公然と指輪を使用しなかった。だがサウロンが一つの指輪を失っていた第三紀の間、これら三つの指輪はエルフの拠点や自由の民を守護し存続させるために、密かに使用された。それゆえ、もし一つの指輪がサウロンの手に戻れば、三つの指輪の作用もまたサウロンに支配されてしまうことになる。

力あるものが一つの指輪を使用すると、これら十九の指輪によって為された全てのことを把握し、かつ思いのままに捻じ曲げることができ、またその使用者の考えそのものをも読み取って支配することができた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 一つの指輪とは縦の繋がりがあるけど、個々の指輪同士の横の繋がりはあるんだろうか。 -- 2017-10-30 (月) 03:27:08
  • この伝承の歌だけで幼いながらも間違いなく名作だろうな!と感じたものだなぁ、自分もこんな文章を書いてみたい・・・ -- 2018-06-29 (金) 20:46:34
  • なろう主人公の手に渡ってはいけないもの -- 2019-09-29 (日) 01:33:42
    • いくらなろう系であっても、力の指輪はスルーしますって。これよかベヘリットかカーラのサークレットのほうがなんぼかマシなくらいです。 -- 2019-09-29 (日) 18:57:33
  • 誰か先に質問してそうだけど エルフのナズグルって有り得るんですかね?ドワーフは跳ね除けたそうですが -- 2019-09-29 (日) 13:48:14
  • 仮に指輪の支配を拒んで自ら命を絶っても逆効果ですよね? -- 2019-10-01 (火) 22:00:47
  • 一つの指輪というものの性質については、やっぱり謎が多いけれど、指輪という物品を用いて物語ること自体、寓意的ではある。 これは、人間をモチーフにした物語の限界でもある。物品的な概念を排除するのはかなり困難だ。 the one ring わたしの心に従って素直に読めば、一つしかない指輪。 指輪と言っても、いろいろな意味を持つものがある。 身近な例を挙げれば、結婚指輪は二つである。二つだから意味がある。 oneには、一つという意味のほか、一つだけにするという意味合いもあるらしい。 結婚指輪は、互いの指にあるから意味がある。結婚という結果への責任ともいえる。 一つにまとめるというのは、ほかを失わせることを伴う。結婚指輪は、一つだけになれば結婚が失われる。 サウロンの術策になぞらえるなら、サウロンという個の保全のため、他を奴隷とする。 つまり、指輪をはめる指を失わせる。支配力の奴隷とする。指輪のために働くだけの存在にする。 それは、相対的に他者の人格を貶め、尊厳を破壊する行為だ。つまり、差別である。唯一の頂点と、おびただしい奴隷。 一つだけの何かが正しいというのは、他のすべての尊厳をむしばむ。 これは、ほんとうに唯一の神だけを認めた物語なのだろうか? 多様性を認めるための物語でないのか? 聖書も、旧新含め、ただ一つの何かを称賛するような物語ではないと思う。 ならば、支配の指輪が自分にはまっていないと、いまの人間のだれに言えるのだろう? ゴンドールの敵を、また同じように読者も敵と見たら、それはそのまま、読者の現実への皮肉となる。 敵を敵としか見ず、理解せず、癒そうともせず、創ったものを贈ろうともせず、自らの非ですら受け入れていないからだ。利口馬鹿なのだろう。 だから、三つの指輪は、一つの指輪と対極にあるのだと思う。 トールキン教授は、読者に順応性のある物語を記したという。 なら、読者がこの物語を貶めるなら、それに対して痛烈な皮肉があるのかもしれない。読者の生きる現実で。 他者を支配しようとすれば、火口へと投げ込まれるのが関の山だからだろう。 だが、教授はベレン、そして奥さんがルシエンであるなら、トールキン教授は、シルマリルを一つ取り戻すことができたのだろうと、そう思う。 戦争に汚染され、恣意的な寓意に支配された物語を、希望を抱き得る輝けるものとしたのだから。 -- 2019-10-27 (日) 15:18:16
    • そうだねー(欠伸) -- 2019-10-27 (日) 15:28:49
    • すごい早口で言ってそう -- 2019-10-27 (日) 20:25:58
    • もっと短くておk -- 2019-10-27 (日) 23:18:10
    • 長さより読みにくさが問題。長くても読みやすい考察とかコメントとかはあったしな...。 -- 2019-12-04 (水) 08:01:56
    • 自分か酒に酔いながら書くと俺もよくこうなる。 -- 2019-12-04 (水) 08:02:42
  • なんでモルゴスおじさんの頃にこれ思い付かな勝ったんだ? -- 2019-10-28 (月) 21:36:29
    • なんであなたはその書き込みを今まで思いつかなかったんですか?みたいなことですよ。 -- 2019-10-29 (火) 18:51:02
  • そしたらメルコールもといモルゴスおじさんは力の霧散に悩まずに済んだのに 数千年?数万年?だっけの間 に思いつかなかったのか 弱点になるから却下?指輪に力を集める事によってパワーアップの手段にもなり得たのに -- 2019-10-28 (月) 21:38:38
    • 現代の二次創作にそった思想で考えれば、モルゴスの秩序を破壊して無政府主義の世を目指す思想(アイヌアの歌を破壊、灼熱と冷気で世界建築を妨害、ヴァラールを信仰するエルフを獣に貶める等)からすると、弱肉強食と暴力による奴隷化はアリでも、指輪システムのような暗黒なりの機械による秩序主義はちょっと苦手だったのではないかと妄想します。機械をつかった統制は、むしろテクノロジーの神たるアウレの弟子、サウロンの仕事かと。 -- 2019-10-29 (火) 18:26:20
  • なるへそ グレたメルコールもといモルゴスおじさんが求めたのは破壊無秩序で 真面目なサウロンが求めたのは統制された秩序世界だものね しかし本当そう考えるとサウロンがモルゴスに心酔してるのが不思議でならない -- 2019-10-29 (火) 23:40:21
    • ビルボに惚れぬいたドワーフ達やガンダルフ、セオデン王に忠誠を誓ったメリーは似た者同士だったか?答えはそこにある。 -- 2019-10-29 (火) 23:58:18
    • 暗黒派閥のリーダーとして、無政府主義を標榜するモルゴスは、サウロンを含む若い??マイア達からオリジナリティがある人物とみなされて尊敬されていたのではないかなと。細かくみたら受け付けないところもあるが、スケールの大きさは魅力的なのかも。 -- 2019-10-30 (水) 18:01:18
    • 学園闘争かな? -- 2019-10-31 (木) 09:49:18
  • ヌメノールを支配したサウロンがメルコール崇拝を勧めたのは矛盾してない? -- 2019-10-30 (水) 00:44:15
    • サウロンはメルコールの思想に依存したのと同様に一つの指輪の力にも依存している。支配者にはなんらかの根拠というか後ろ盾が必要。 -- 2019-11-14 (木) 23:49:25
お名前:
Last-modified: