(ちから)指輪(ゆびわ)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルRings of Power
異訳魔力の指輪
その他の呼び名偉大な指輪、大いなる指輪(Great Rings)

解説

一つの指輪』『三つの指輪』『七つの指輪』『九つの指輪』の総称。強大な魔力を秘めた指輪。
一つの指輪はサウロンによって、三つの指輪はケレブリンボールによって、その他の指輪はサウロンの助力を受けたエルフの細工師たちによって作られた。

三つの指輪は、空の下なるエルフの王に、
七つの指輪は、岩の館のドワーフの君に、
九つは、死すべき運命の人の子に、
一つは、暗き御座の冥王のため、
影横たわるモルドールの国に。*1

九つも、七つも、三つも、それぞれそれにふさわしい宝石がはまっておった。しかし、一つの指輪は違う。それは丸くて飾りがない。まるでそのへんのつまらない指輪と同じだ。しかし、その作り手はその指輪に銘を入れた。練達の士であれば、おそらく今でもそれを目で見、読むことができるだろう。』*2

歴史

「はるかな昔、エレギオンで、エルフの指輪が数多く造られた。魔法の指輪というやつじゃ。むろん、種類はいろいろあった。あるものは非常に強力であったし、あるものはさほどでもなかった。 力の弱い指輪は、技がまだ未熟であった頃の試作品にすぎなかった。それらはエルフの細工師どもにとっては、くだらないものでしかなかった――しかしそれさえ、限られた命しかもたぬ者には、やはり危険だと思われるがの。まして、偉大な指輪、魔力の指輪となれば、その危険は破滅的ともいえるほどなのじゃ。」*3

第一紀が終わり、マンドスの呪いが停止された後も中つ国を去りがたく留まっていたノルドールは、荒廃し移ろいゆく此岸への嘆きと、西方の至福への憧れから、世界を癒し、かつ豊かにする力と技を望んでいた。一方でモルゴスの凋落後も中つ国に隠れ潜んでいたサウロンは、見捨てられた中つ国を自らの望む形に再建しようとし、そのために自由の民を意のままに動かすことのできる手段を欲していた。
ノルドールの願望を見抜いたサウロンは、意図と正体を隠してかれらに接近。その働きかけによってエレギオングワイス=イ=ミーアダイン(エルフの細工師たち)が制作したのが、試作品である多くの力の弱い指輪と、完成作である十九個の大いなる力の指輪であった。
しかしその知識はサウロンから提供されたものであり、それらには彼の悪しき意図が吹き込まれていた。やがてサウロンはモルドールオロドルインにおいて、すべての力の指輪を支配する一つの指輪を完成させた。
上掲の力の指輪の詩は、その際にサウロンが口にしたのを、遠く離れたエレギオンでケレブリンボールが耳にして、後世に伝えられたものである。

サウロンの歌うことばを知ったエルフ達は彼の正体と意図に気付き、かれらの三つの指輪を隠して使用しなかった。そこでサウロンはエレギオンを攻め滅ぼし、力ずくで指輪を奪い取ろうとした。
ケレブリンボールは拷問にかけられ、七つの指輪九つの指輪はサウロンの手に落ちた。だがケレブリンボールは三つの指輪の所在だけは明かさないまま死に、それらはサウロンの魔の手を免れた。サウロンは手中に収めた七つと九つに手を加えて邪悪に歪めると、それぞれをドワーフ人間の王侯に分配し、中つ国への支配力を増大させた。

第二紀の終わり、エルフと人間の最後の同盟によってサウロンは辛うじて打ち倒され、一つの指輪は彼の手から奪い去られた。しかし一つの指輪は破壊されなかったため、指輪に込められたサウロンの力は生き続け、一つの指輪に支配されている他の力の指輪の作用も生き続けた。
第三紀に復活したサウロンは、九つの指輪を掌握し、さらに七つの指輪のうち三つを取り戻したために、再び中つ国の大部分を支配できるだけの力を得た。

第三紀末の指輪戦争で一つの指輪が破壊されると、すべての力の指輪も次第にその効力を失っていくことになった。

効果

(どの指輪にも共通する)主要な力。それは、衰えを防ぎ、あるいは遅らせ … そして、欲するもの、愛するもの、もしくはそれに似通って見えるものを保持する力で―― … その所有者が本来持っている力を高めもしました―― … そして最後に、指輪には別の力もありました。 … サウロンに由来する力。肉体を持った者を見えなくしたり、見えない世界のものを見えるようにする力です。*4

元来、力の指輪はエルフの願いである、中つ国の荒廃を癒し、美しく価値あるものを時の流れから保護するという目的のために作られた。そのため全ての力の指輪には共通して、時による老いや衰えを遅延させ、またそのものが生来持っている力を高めるという効果があった。
だがそれは同時に、その者が抱いている願いや欲望をも強くするという危険性をはらんでおり、人間のような限りある命の者にとっては破滅的に危険なものであった。

サウロンが手を加えた七つと九つの指輪は、使用者を彼の支配する「幽界」に引きずり込むことで、その姿を不可視にし、同時にその者が本来見ることのできない領域の物事を見られるようにするという力を併せ持つことになった。

九つの指輪を与えられた人間は、指輪の力に助けられて強大な権勢を振るうにいたったが、いずれも最後にはサウロンに隷属する幽界の存在ナズグールと化した。
七つの指輪を与えられたドワーフは、頑強な性質のために完全にはサウロンの思い通りにならず、影の存在と化すことはなかった。だが富への欲望をかき立てられ、富を得る手段として指輪を使ったために、富による破滅を招いた。
三つの指輪ケレブリンボールから賢者達(三つの指輪の守護者)に託された。彼らはサウロンの手に一つの指輪がある間は、決して公然と指輪を使用しなかった。だがサウロンが一つの指輪を失っていた第三紀の間、これら三つの指輪はエルフの拠点や自由の民を守護し存続させるために、密かに使用された。それゆえ、もし一つの指輪がサウロンの手に戻れば、三つの指輪の作用もまた露わとなってサウロンの支配に屈することになる。

力あるものが一つの指輪を使用すると、これら十九の指輪によって為された全てのことを把握し、かつ思いのままに捻じ曲げることができ、またその使用者の考えそのものをも読み取って支配することができた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なるへそ グレたメルコールもといモルゴスおじさんが求めたのは破壊無秩序で 真面目なサウロンが求めたのは統制された秩序世界だものね しかし本当そう考えるとサウロンがモルゴスに心酔してるのが不思議でならない -- 2019-10-29 (火) 23:40:21
    • ビルボに惚れぬいたドワーフ達やガンダルフ、セオデン王に忠誠を誓ったメリーは似た者同士だったか?答えはそこにある。 -- 2019-10-29 (火) 23:58:18
    • 暗黒派閥のリーダーとして、無政府主義を標榜するモルゴスは、サウロンを含む若い??マイア達からオリジナリティがある人物とみなされて尊敬されていたのではないかなと。細かくみたら受け付けないところもあるが、スケールの大きさは魅力的なのかも。 -- 2019-10-30 (水) 18:01:18
    • 学園闘争かな? -- 2019-10-31 (木) 09:49:18
  • ヌメノールを支配したサウロンがメルコール崇拝を勧めたのは矛盾してない? -- 2019-10-30 (水) 00:44:15
    • サウロンはメルコールの思想に依存したのと同様に一つの指輪の力にも依存している。支配者にはなんらかの根拠というか後ろ盾が必要。 -- 2019-11-14 (木) 23:49:25
  • 各ロットが奇数生産なら、五つの指輪がなぜないのか疑問。もっともエルフとドワーフの間で指環を受け取れそうな種族など…最初はエントかと思ったけどなんか違う気がするし…もしかして罪なき元エルフもといオークのための欠番? -- 2020-08-05 (水) 19:07:47
    • 別に奇数数あわせで作った訳じゃなく、結果的にそうなりましたって話では。 -- 2020-08-05 (水) 20:11:26
    • 多数決で必ず結論出すためでしょう・・と、ドヤ顔で言いかけたけど、全部サウロンさんのご意見右にならえなのでダメでした。すいません。 -- 2020-08-05 (水) 23:48:31
  • 竜の火が七つの指輪のうちのいくつかを破壊しているのだから、指輪製作者のケレブリンボールにも力の指輪の破壊が可能だったという仮定は有りだろうか。この場合、サウロンに奪われて悪用される未来は回避出来そうだが。 -- 2020-10-11 (日) 06:54:25
    • 力の指輪の伝承を信じるならば、力の指輪は既に各々の種族に配られているので、ケレブリンボールの手元には精々ナルヤかヴィルヤしかないのでは?指輪の製作者は指輪を破壊できるのは確かだと思いますが(でなければ製造も出来ないはずなので)、それらを取り寄せたり取り寄せても破壊するだけの猶予はないのかもしれませんね。それもまたサウロンの策略なのかもしれません。 -- 2020-10-11 (日) 10:51:23
      • 力の指輪はその全ての品をノルドールが運用する予定で作成されたものでは? -- 2020-10-11 (日) 14:18:07
    • 特殊条件下で作られた1つの指輪を除けば殆どすべてがエレギオン製なので理論上は可能じゃないでしょうか。ただ一つの指輪作成からエレギオン陥落までに破壊した記録がないため、ケレブリンボール自身が指輪かその目的にとらわれてサウロンに奪われない限り無害と考え敢えて破壊しなかったのか、本当に破壊できなかったのかは不明なので推測の域は出ませんが -- 2020-10-11 (日) 10:52:51
      • ちなみに一つの指輪作成からサウロンのエリアドール侵攻開始とエレギオン陥落まで100年近くあるので、人間の感覚としては一つずつ回収して破壊するの時間的猶予は無かったとは言えません -- 2020-10-11 (日) 10:56:00
    • それが可能なら、一つの指輪の破壊は自分が作った他の力の指輪も破壊する行為であることにも気付くのでは。中つ国と自分達を衰退の運命から救うという悲願のために(それがまさかのサウロンだったのが運の尽きだけど)マイアの知識と技術を借りてようやく作り上げた(おそらくもう二度と作れない)「いとしいひとたち」を自分の手で全て無に帰すか、サウロンの裏切りに立ち向かうか…どう転んでも滅びと絶望。それはケレブリンボールにとって耐え難い精神的苦痛なのでは。 -- 2020-10-11 (日) 13:57:19
      • フェアノールのシルマリルの時に似た構造なのね、恐らく。サウロンの野望を挫くために力の指輪をことごとく壊すことは可能でその決断をする機会はあったが、壊さなかった。結果、自身は悲惨な最期を遂げた。 -- 2020-10-11 (日) 14:26:25
      • そー考えるとじい様と似た立ち位置だったんだなあ。「おいノルド!」と言ってくるガチムチ神様がいなかったくらいで。 -- 2020-10-11 (日) 15:22:46
  • しかしケレブリンボールは「損なわれ移ろいゆく中つ国を癒すための力」を求めてこれら、特に三つの指輪を作った訳だが、具体的にはこれを使って何をしたかったのかね。
    まさかとは思うが、沈んだ父祖たちの地を再び甦らせる事でも夢見ていたのだろうか。 -- 2021-03-16 (火) 22:39:49
    • ものが朽ちることも萎れることのないアマンのように、自分たちの制作物が時の流れの中で失われることのない楽園を築きたかったのですよ。中つ国ではどんなに美しいものを作っても偉大な勲を上げても、時の経過によって全ては色あせ失われてしまう、不死のエルフにはそれが耐えられなかったのです。 -- 2021-03-17 (水) 21:45:34
    • ケレブリンボールらが言う、損なわれつつある世界を癒しかつ豊かにするという理想は聞こえが良いものであるがのその実態は、上のエルフの残光でエリアドールの土地を浄め直して定命の者に世界を明け渡す時期が来るのを遅らせるという事であり、ノルドールへの帰還勧告が出ている状況で行ってよい事業ではない。
      ケレブリンボールらの求める理想とは、エルフ、ドワーフ、人間が中つ国で共存共栄する事ではない。彼らエレギオンのエルフは自分たちの為の楽園を自分たちの手で創り上げる事だけを夢見ていた。特にエダインですらない有象無象の人間などにはほとんど興味がないわけであり、人間に力を貸す気もなかったとみるべき。 -- 2021-04-10 (土) 16:46:44
      • んんー?それソースは? -- 2021-04-10 (土) 18:38:36
      • 一行目の内容については、アンナタールがケレブリンボールに提案した内容をケレブリンボールが受け入れていることがソースによってなると思いますよ。二行目の内容については、マイズロスの連合がエダインではない東夷の裏切り行為によって瓦解して以降はエルダールの心はエダイン以外の人間から離れたとシルマリルの物語で明記されているし、第二紀のエレギオンの南にはすでに褐色人の祖先が住んでいたがエレギオンのエルフは人間に興味も愛着もなく、人間はエルフを恐れていたので両者の間には何の接触もなかったと書かれている。また、強く浄められたエルフの領域が人間の運命にとって破滅的に危険なことは何度も言及されている、ガンダルフによる力の指輪についての説明・ヌーメノール王を諌めるアマンの使者の忠告・第三紀のロスロリエンを訪れた人間についてのサムやエオメルやファラミアの台詞等。これで納得出来ますか。 -- 2021-04-10 (土) 21:05:45
  • 例えサウロンに奪われなくてもヌメノールが奪おうとしたのではないかと最近思うようになった。 -- 2021-03-25 (木) 07:58:02
    • ヌーメノールは力の指輪に関してなんの知識も持ち合わせてないのでそもそも奪おうとしないでしょう。
      存在を知れば奪いに来たでしょうけれど。 -- 2021-04-10 (土) 21:25:51
      • いや、使える使えないではなく『自分が持っていないが素晴らしい価値がある(らしい)またとない芸術品』というだけで末期ヌメノールには略奪の対象にはなるでしょう。
        エルフへの尊崇の念ももはやないのですから。 -- 2021-04-12 (月) 08:15:18
      • エルフへの尊崇の念をなくしているからこそ、エルフが造り出した(エルフ紐付きの)素晴らしい工芸品などほしくない、というパターンも有るのではないでしょうか。エルフが素晴らしいものを造ったとして、それを奪おうとするのではなく、自分たち人間はそれ以上のものを造れると証明しようとするのが、良くも悪くも末期ヌーメノール人的な気概であるように思えます。 -- 2021-05-30 (日) 08:07:27
    • ヌメノールの援軍が史実より早く来てサウロン軍を撃破して指輪もエレギオンも難を逃れたとしても、それから1000年が経つと堕落したヌメノールから指輪の引き渡しを要求され、拒んだケレブリンボールとエレギオンは滅ぼされる、という筋書きだと最後の同盟すら恐らく成立できないので、長い目で見ればサウロンに奪われた方がまだましだったりするのかもしれん。
      歴史の妙ですな。 -- 2021-04-12 (月) 13:02:41
  • ヌメノール王家重代の家宝であるアランルース、バラヒアの指輪、ドランボルレグはエルフ製かその可能性が高いのでエルフ製でも工芸品や美術品は尊ばれたんじゃないですかね。 -- 2021-05-30 (日) 13:11:47
    • それらはまさしく重大の家宝、ヌーメノール王家成立までの系譜を示すものですから……対する力の指輪はずっと新しい、ヌーメノール建国以後の工芸品なので、同一視はしがたいのじゃないかと思います -- 2021-05-30 (日) 15:08:38
      • 歴史があるから...と言っても一番歴史ある王の名前をヌメノール人は堕落と共に変えてるので(タル=パランティアを除く)。
        それと違い家宝は捨てたりした形跡がないですし「エルフへの尊敬がなくなったこと」が「エルフの作ったものを蔑む」事にはならないんじゃないですかね。
        そもそもヌメノール人のエルフへの悪感情は彼らへの憧憬の裏返しですしね。
        勿論だからってヌメノール人が力の指輪を奪おうとしたかはわかりませんが。 -- 2021-05-30 (日) 17:28:18
      • 末期ヌーメノール人が「エルフの作ったものを蔑む」とまで言った覚えはないんですが……歴史的な積み重ねのあるものであればともかく、エルフが新たに作ったものについては、直接奪うよりも自ら越えようとする(=エルフに劣らないことを証明しようとする)のでは、というのが自分の意見でして。王の名前についても、例えばタル=ミンヤトゥアに始まるクウェンヤ王名を後からアドゥーナイク名に書き換えようとはしなかったし、最初にアドゥーナイク名で即位したアル=アドゥーナホールも「古くからの慣習を完全に断ち切ることが不吉に思われた」ためにクウェンヤ名で王統譜に掲載されたわけなので、「エルフ的なものの態度」と「ヌーメノールに伝統的なもの(歴史)への態度」のあいだにはそれなりの温度差があったように見えます。 -- 2021-05-30 (日) 20:53:37
      • いやいや!わかりますよ!
        すみませんめちゃくちゃわかりづらくて。
        俺の感覚としては末期ヌメノール人ってもはやエルフの作品だろうが人間の作品だろうが、
        「綺麗なモノは俺のモノ。俺の持てないモノも俺のモノ。それを貫ける俺最強」
        くらいの欲深で単純な行動原理しか持たないんじゃないかなって思うんですよね。 -- 2021-05-30 (日) 23:08:47
  • 映画のお陰で原作小説を読んでいない人にも非常に有名なマジックアイテムになりましたが、知名度に反してビルボが「自らの意思で指輪の所有権を手放した事」やフロドが「指輪に心身共に蝕まれながらも使命を忘れずモルドールの滅びの山まで赴いた事」の偉大さは殆ど伝わってない気がするのは悲しいです…。 -- 2021-08-17 (火) 11:50:58
  • マツコの知らない力の指輪の世界、ゲストはケレブリンボールかサウロンか -- 2021-11-21 (日) 23:25:51
  • 力の指輪は一つの指輪以外、ふさわしい美しい宝石が嵌まっていたとされるけどやはりその力も宝石を研磨する際にそこに注ぎ込まれたりしているのだろうか? -- 2021-11-26 (金) 07:32:18
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: