凶年(きょうねん)(ふゆ)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルFell Winter
異訳酷寒の冬

解説

第三紀2911年(ホビット庄暦1311年)にエリアドールで被害を出した厳冬。バランドゥイン(ブランディワイン)をはじめいくつもの川が凍結し、北方から白狼が南下してきて人々の脅威となった。
ホビット庄では白狼の襲来に対してバック郷非常用角笛が吹き鳴らされた。

翌12年の春に寒波は去ったと思われるが、それに伴う雪解けによって大洪水が発生し、エネドワイスミンヒリアスを荒廃させた。この時、サルバドの町は廃墟と化して放棄された。

生きているホビットで、白狼どもが凍ったブランディワイン川を渡ってホビット庄に侵入してきた、一三一一年の凶年の冬を憶えているものは(ビルボ以外には)一人もいませんでした。*1

類似の厳冬に、第三紀2758年から59年にかけて各地で甚大な被害を出した長い冬がある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 単に侵入しただけか、多大な被害を与えたのか、どうなんだろう? -- 2015-12-16 (水) 13:42:09
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: