五軍(ごぐん)合戦(かっせん)

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of Five Armies
異訳五軍の(いくさ)、五軍の戦い
その他の呼び名最初の谷間の合戦(first Battle of Dale)

解説

第三紀2941年にエレボール(はなれ山)で行われた、『ホビットの冒険』作中で語られている戦い。
スマウグの財宝を奪回したトーリン二世13人のドワーフ及びくろがね連山ドワーフと、財宝の分け前を要求する湖の町の人間及び闇の森森エルフが睨み合いになっている最中、スマウグが死んでドワーフがはなれ山に戻ってきたことを聞きつけたオークゴブリン)とワーグ(アクマイヌ)の連合軍が襲来。そのためドワーフ・エルフ・人間は休戦、同盟してオーク・ワーグの軍と戦った。
闘いはドワーフ・エルフ・人間の勝利となり、その後はなれ山にドワーフの山の下の王国と人間の谷間の国が再建された。
だがこの戦いによって、ビルボと共に旅立った13人のドワーフのうち、トーリン二世フィーリキーリが討ち死にした。

参戦国、勢力

三軍
エルフ闇の森の王国)、人間エスガロス)、ドワーフくろがね連山およびトーリンとその仲間
大鷲およびビヨルン(三軍の援軍)
二軍
ゴブリン霧ふり山脈)、ワーグ荒れ地の国

戦況

開戦にいたるまで

スマウグエスガロス(湖の町)を破壊されたエスガロスの人間は、町の復興の資金とすべく、スマウグが死んで手つかずになっているはずのはなれ山の財宝を求め、スマウグを討ったバルドを統率者にはなれ山へ進軍した(彼らはトーリン達もスマウグに殺されたと思っていた)。スランドゥイル(エルフ王)もまたスマウグ死亡の噂を聞きつけて財宝を求め、森のエルフの軍勢を率いて進軍してきたが、湖の町の窮状を知ると彼らに同情し、行動を共にする。
一方、はなれ山のトーリン二世13人のドワーフビルボ・バギンズは、大ガラスの諜報によりスマウグ死亡の噂がすでに方々に広がり、人間やエルフがその財宝を求めて動き出していることを知ると、財宝を守るために山の表門に障壁を築くとともに、くろがね連山ダインに援軍の要請を出し、籠城の準備を始める。

両陣営は、はなれ山の門前でにらみ合う形となる。スマウグを討ち取ったことの報酬と、ドワーフが目覚めさせたスマウグがエスガロスを攻撃したことの賠償を受け取る権利を主張するバルドだが、トーリンは拒否。ビルボを通じてアーケン石が人間・エルフ陣営の手に渡ったことからトーリンはさらに態度を硬化させ、表面上は賠償に応じる構えを見せる一方で時間を稼ぎ、ダインの援軍が到着するのを待って、バルド達と戦ってでも、より多くの財宝を自分達のものにしようとしていた。
一方、食料などの備蓄がなくなればトーリン達は譲歩してくると考え、門前に陣取っていたバルドとスランドゥイルだが、そこにダインの率いるドワーフの援軍が到着する。
くろがね連山のドワーフ軍はドワーフとオークの戦争の従軍経験者であり、士気が高く、多くの備蓄を携え、さらに山の防備や入口を新設する技術力を持っていた。人間・エルフ陣営は山を包囲するには数が少なく、もしダインがトーリンと合流して賠償を翻せば圧倒的に不利になると悟ったバルドは、ダイン勢の進行を阻む。
かくして一触即発の事態となった。

この一方で、大ゴブリンを殺害された霧ふり山脈オークゴブリン)はボルグを大将に立て、ワーグ(アクマイヌ)と連合して復讐を果たすべくグンダバド山に軍を集結させていた。かれらはスマウグ死亡の報を知ると、すみやかに闇の森灰色山脈の間を抜けてはなれ山に接近、北側から両陣営を強襲しようと目論んだ。

これを察知していたガンダルフの説得によって、バルド、スランドゥイル、ダインは直ちに休戦・合議して共同戦線を張り、オークとワーグの連合軍を迎え撃つ作戦を立てる。かくして五軍の合戦となった。

合戦

三軍は、森のエルフ軍が南の尾根(からすが丘)に、湖の人間くろがね連山ドワーフ軍が東の尾根にそれぞれ陣取り、オークワーグの二軍を谷あいに誘い込んで挟み撃ちにする作戦をとった。
作戦にはまって谷あいに誘い込まれた二軍は、そこでエルフ軍・人間軍・ドワーフ軍の挟み撃ちにあい、大混乱に陥る。このまま三軍の勝利かと思われたが、二軍の別動隊が北から山の斜面をよじ登って南へ駆け下ってきたことで、三軍は逆に挟み撃ちにされる形となり、形勢が逆転。
三軍はやっと敵の第一波を退けたものの、数で優る二軍の本隊は谷あいで体勢を立て直すと三軍を圧倒。バルドは東の尾根に押し返され、スランドゥイルは南のからすが丘に追い詰められる。

だがここで籠城し沈黙を守っていたトーリン率いる13人のドワーフが、表門の障壁を破って撃って出る。
彼らの出撃は寡勢であったが各陣営の士気に大きく影響し、三軍はいきり立って二軍を押し返すと、トーリンはそのままボルグの用心棒の隊列に切り込んだ。しかし用心棒の守りを突破することはできず、逆に敵に囲まれて孤立したトーリンは致命傷を負い、彼を守ろうとしてフィーリキーリも討ち死にする。三軍は依然として数の上で不利だった。

この窮状に、ずっと二軍の動静を監視していたワシの王率いる大鷲達が三軍を援助すべく参戦。上空からオークとワーグを追い立て、分断されていた三軍が集結する余裕を与える。
だが戦況を決定的に覆したのはビヨルンの参戦であった。どこからともなく現れたビヨルンは怒りにふくれあがった大熊の姿で暴れ回り、瀕死のトーリンを運び出すと、ボルグの用心棒を蹴散らして、オーク軍の大将ボルグを踏み潰す。
これで勝敗が決し、総崩れとなった二軍は三軍の追撃を受け、早瀬川たての湖(沼地)に追い込まれて討ち果たされた。一部は闇の森に逃げ込み、森の王国で討たれるか、森の中で消息を絶った。

戦後

この戦いの勝利によって山の下の王国は再建されたものの、トーリン二世は討ち死し、王位はダインが受け継いだ。
バルドビルボの取り分であったエレボールの財宝の14分の1を受け取り、後の第三紀2944年に谷間の国を再建して王となった。さらにバルドは財宝の一部を使って、エスガロスの再建を援助した。また、ダインから返還されたギリオンのエメラルドスランドゥイルに贈った。
財宝が引き起こした諍いに嫌気が差していたビルボは、最初は財宝を受け取ることを固辞したが断り切れず、小馬で運べる程度(金と銀が入った小箱を一箱ずつ)を、謝礼としてバルドから受け取った。またダインから贈られた真珠と銀の首飾りを、エルフ王の岩屋で盗み食いして食を繋いでいたことの謝罪としてスランドゥイルに贈り、彼からエルフの友と称された。

この戦いによって北方のオーク軍の四分の三が殲滅されといわれ、ワーグもしばらく姿を消したことによりロヴァニオンの治安は大いに改善された。
同時期に白の会議によって、ドル・グルドゥアから死人占い師が追い払われた。

とはいえ、後の指輪戦争の時代になるとドル・グルドゥアは敵に奪い返され、オークも北方で再び数を増やして、かの地の危険は再度増大する。
だがこの戦いによって、一度北方のオークが一掃され、スマウグが滅び、エレボールの山の下の王国と谷間の国が再建され、人間エルフドワーフ熊人の結束が強まり、北方の交通の安全が保障されたことで、指輪戦争で北方に加えられた攻撃による損失が大幅に軽減されたのだと考えられている(指輪戦争では、東夷による東方からの攻撃を、谷間の国の人間とエレボールのドワーフが食い止めた形となった)。

「じゃが事態はずっと別の方向に進み、はるかに悪化したかもしれぬところじゃった。お前さんたちが、ペレンノール野の大合戦のことを考える時は、谷間の国の戦いドゥリン一族の武勇を忘れるんじゃないぞ。ひょっとしたらあり得た事態を考えてもみるがいい。エリアドールの火と野蛮な剣が荒れ狂い、裂け谷には夜が訪れる。ゴンドールはおわさぬことになったかもしれぬ。わしらにしてもこの地における勝利からただ廃墟と灰の中に戻ることを望むしかなかったかもしれぬ。じゃが、これはさけられた――それももとはといえば、ある春の始めの夕べ、ブリー村でわしがトーリン・オーケンシールドに出会ったからじゃ。中つ国でいうめぐり会いというやつじゃのう。*1

画像

アラン・リー作画による五軍の合戦 アラン・リー作画によるトーリンらの葬儀

映画『ホビット』における設定

サブタイトルの原題などに“五軍の合戦(Battle of Five Armies)”という言葉がそのまま使われているものの、映画の設定では、ワーグは単純にオークがわりの動物のように描かれているため、「五軍」とは「人間/エルフ/ドワーフ/オーク/ワーグ」ではなく、「人間/エルフ/ドワーフ/ドル・グルドゥアの軍勢/グンダバドの軍勢」を指すことにされた。ドル・グルドゥアの軍勢の中にはトロルオーガ(人くい鬼)、グンダバドの軍勢の中にはゴブリン町出身と思われるゴブリンや、蝙蝠*2も含まれている。

演出のため、戦闘の流れは大幅に変更されている。

また、戦後処理の財宝分配などはほぼ完全にカットされている。

エクステンデッド・エディションでは、主に以下のシーンが追加されている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • eeの戦車のシーンはめちゃくちゃ楽しかった(笑) -- 2018-10-08 (月) 13:58:33
  • 映画でドワーフの戦車を壊してたデカいおっさん達は何て種族ですか? -- 2019-03-17 (日) 21:24:13
    • オーガ、もしくは人くい鬼 -- 2019-03-17 (日) 21:56:38
      • 回答ありがとうございます。外見が人間に近いだけあってインパクトがありましたね -- 2019-03-17 (日) 22:19:34
  • 猪豚鉄騎兵や戦車隊、それに重装歩兵を見るに、ドワーフの戦というのは正面突撃かそれを正面から止めるかの二択みたいな展開になるのが多いのかな。 -- 2020-08-20 (木) 22:12:57
    • 明らかに機動戦には向かない民族ですからねえ。ただ、穴掘って絶対予測できない背面とかからの奇襲やらはかましそうですが。 -- 2020-08-20 (木) 23:04:58
    • 坑道での戦闘を考えるとモリア、エレボールレベル、ゴブリン村レベルの場所以外だとどうしてもその二択になりそう。穴掘ってというのも確かにありそうでオークとドワーフの戦争での背後の通路に突然穴が開いてバルク=カザド!と鬨の声上げながら雪崩れ込んでくるドワーフの群れとか敵からしたら恐怖でしかない -- 2020-08-21 (金) 21:06:14
      • マジで怖い。絶対にパニック起こす。モリアのバーリンの一党も、充分な兵力があれば、その戦法でオークを撃破できたろうな。 -- 2020-08-23 (日) 18:37:06
    • 仲間を踏み台にして高く飛ぶのは大きい敵と戦うために編み出したドワーフ独自の武術だろうか -- 2020-10-29 (木) 23:16:36
  • 映画版で、合戦のあとにエスガロスの人びとが集まって追悼していますが、あれは誰に対してでしょうか? -- 2020-08-21 (金) 10:56:00
    • 特別な誰、というわけではなく新天地を見つけるまでの苦難のなかで亡くなった者達や戦没者全員に対してではないでしょうか。 -- 2020-08-21 (金) 11:56:28
  • ドワーフたちが鎧を脱いだのはトーリンの心境の変化を視覚的に見せてるけど、衣装が重すぎてアクションに支障をきたしたという裏事情があるとか -- 2020-10-29 (木) 23:19:35
    • そういう風に実利と演出を上手く合わせるのも、良い映画の作り手達の腕なんだろうね。 -- 2020-10-30 (金) 00:33:28
    • アクション張るのはトーリンら4人だけど、トーリンが脱ぐんだから残りも脱がないと不自然だよね?っていう...... -- 2020-11-03 (火) 22:25:55
    • 一応下に着てた鎖帷子は残ってるけど、胸元ガッツリ開いてるの見るとどうしても「着てる意味あるの?」って思ってしまう -- 2020-11-03 (火) 22:30:17
      • フィーリに至っては防具らしい物は何も身に付けてないし -- 2020-11-03 (火) 23:57:59
  • 画集に載ってた、ドワーフ軍が砲弾をハンマーで打って敵めがけてかっ飛ばすっていう没案、見てみたかった -- 2020-12-06 (日) 21:22:00
  • 三軍は(当たり前だが)全軍を統率できる総司令官が居なかった事が、苦戦の一因にもなり一方で分断されても各軍が粘り強く戦う事ができた理由になっている。一方オーク側は原作も映画もアゾグかボルグという明確な司令官が居たことが、途中までの計算された統率による優勢をもたらし、かつ最終的な敗北にもつながっているのが面白いね。 -- 2021-01-12 (火) 08:11:21
  • https://www.youtube.com/watch?v=pTCkhL-IDd8 カットされたシーン -- 2021-02-02 (火) 03:00:15
  • ほとんど訓練らしい訓練を受けていない軽装なエスガルド町民が、映像見る限りでは重装備オーク相手に善戦してたシーンは良かった。と思いつつ不自然にも感じた。バルドと息子なら王族の血筋だから強いみたいな理由付けはできそうだけど。火事場のクソ力的なものなのか、それともオークは危険ではあるけど頑張れば武器持ち一般人でもなんとか対抗できるような存在なのか。 -- 2021-03-28 (日) 01:06:19
    • 軍隊としての訓練は積んでないにしても、古今東西、漁師など水の上で暮らしを立てる人たちって、荒っぽいもんだからねえ。まるっきり無力な民草というわけでもないと思う。あと、棟梁に仕えていた衛兵だって相当数は生き残ってただろうし。 -- 2021-03-28 (日) 17:51:07
    • それにオークって、小集団での略奪や奇襲は得意でも軍隊じみた大軍になればなるほど強みは失われそうですしね。
      ウルク=ハイみたいな職業軍人エリートはむしろ特別で、指輪やら声の魔力やらマイアの力なくしてあそこまで一応軍隊じみた統率とれただけでもアゾグは実はめちゃくちゃ史上最高じみたオーク名将だったのかも。 -- 2021-03-28 (日) 18:47:59
      • ペレンノール野の合戦時にアゾグが健在だったら、充分に魔王の副将が務まったでしょうね。そう考えると、五軍の合戦でトーリンがアゾグと刺し違えたのは、中つ国の歴史を大きく変えたかもしれません。 -- 2021-03-29 (月) 11:53:24
      • まあ映画版だとゴスモグがいますからね。彼もあそこまでの大軍を指揮して魔王の副官を務めあげ、ミナス=ティリスを陥落寸前まで持って行ったわけですから大したもんですよ。仮に魔王の力が全軍に影響していたとはいえ、アゾグほどではなくてもオークの中では桁外れの統率力だと思います。 -- 2021-03-29 (月) 13:01:18
      • あ、原作にも出てくるかゴスモグは。オークであるとはっきりしたのが映画版なだけで。 -- 2021-03-29 (月) 13:02:01
      • 小集団での略奪と言う有利な条件下でもなおバンドブラス・トゥックにあっさり討ち取られたゴルフィンブールの例もある。そう考えるとドゥリン一族だけではなく全ドワーフ部族を敵に回して6年も戦い続け、個人戦闘でもナインを討ち取るだけの技量と駆け引きを見せたアゾクがいかに強敵だったかがわかる。息子のボルグも大軍を指揮して一時は三軍を壊滅寸前に追い込んだが、そもそもそれだけの軍勢を動員できた事、また霧ふり山脈中のオーク達が大ゴブリンの仇討ちに際してボルグを総大将に担いだ辺りからも、オーク達の間では相当の実力と人望があった事がうかがえる。 -- 2021-03-29 (月) 21:14:25
      • >まるっきり無力な民草というわけでもない
        確かに漁師さんって気性荒いしガタイも凄いから全然ひ弱じゃないよね。役者の都合でパッと見強そうには感じないけど。ただ劇中でオーク勢を「訓練を積んだ戦闘部隊」みたいに言ってたからそういうのにも対抗できるもんなのかな、と感じた次第。
    • エスガロス規模の町ならばオークだけではなく盗賊団などの襲撃に備えて衛兵なり自警団なりは常備していると思われるので、町民の全部が全部非戦闘員と言う訳でもない。実際原作ではスマウグ相手にバルドが弓隊を指揮しており、またエレボールに進軍して来たのは間違いなく「軍隊」なので、兼業かも知れないがある程度訓練をつんだ兵力は有していた。
      映画版に違和感があるのは、原作では本来エスガロスに居残っていたはずの女子供含む非戦闘員までがデイルの廃墟へ避難して五軍の戦いに巻き込まれたと言う設定のため。 -- 2021-03-30 (火) 01:13:37
      >オークって、小集団での略奪や奇襲は得意でも軍隊じみた大軍になればなるほど強みは失われそう
      自分は逆にオークって数に物言わせてるから強いのかなと思った。LotRでもホビットでも兵数で圧倒してるイメージあったから。主人公勢がオーク相手に無双しまくるシーンが結構あるからなおさらそういう印象強い。ただそう言われるとなるほどとも感じる。 -- 2021-03-30 (火) 01:37:05
      • モルドールや反自由の民の陣営が数にものを言わせた戦術を採るのはそれがあらゆる戦術の王道だからであり、オークに大軍での軍事活動が向いているかはまた別の話でしょうね。
        (オークは増やしやすいという点で大軍の編成には向いているのでしょうが)
        例えオークの強みが最大限に発揮されるのが少人数戦法であろうが、卓越した統一的意志の元でのゲリラ戦でもしない限りは、大軍を編成しないと戦略的な価値は生まれないわけですから。 -- 2021-03-30 (火) 07:51:38
  • 特に映画では、アゾグたちは最悪のタイミングで戦闘に突入したと言える。もっと早ければさっさと十数人のドワーフを排除しエレボールを占拠してからエルフと人間を各個撃破できただろうし、もっと遅ければエルフ、ドワーフ、人間の軍勢が衝突して疲弊しきったところを襲えた。ちょうど3軍が合流できるタイミングのところで攻撃してあれだけ圧倒できたのだから、もうちょっとタイミングをずらしていれば……まさに慢心 -- 2021-04-01 (木) 22:36:04
    • あの進軍方法だとエレボール周辺の状況なんて把握できないし、そこは仕方ないんじゃないかな。戦争に限らず、当事者って一番見える範囲が狭いもんだし。むしろ、あの奇襲に晒されて混乱する事もなく共闘体制を取れた三軍が凄すぎるくらい。 -- 2021-04-02 (金) 08:12:49
      • アレキサンダー大王にもハンニバルにもナポレオンにも、後出しでなら幾らでも指摘はできますからね。
        アゾグはむしろ指揮に徹せず、自らの武を捨てきれなかったが故に、最後は共倒れになり軍を敗北させたわけなので。(からすが丘で自分が待ち伏せる必要はない、指揮も疎かになりますし)
        軍の運用より反省すべきはそこでしょうね。
        上にも書いてるように、彼ほどの傑出した手駒を失うのは1万の兵を失うよりサウロンには痛手でしょう。彼が生きてれば必ず再起はできたはずです。 -- 2021-04-02 (金) 10:48:34
      • 最後まで戦うと言い張るアゾグを押しとどめて、落ち延びて再起を図ってくだされと訴える部下オークを想像して噴いた -- 2021-04-02 (金) 19:25:59
      • 実際にナンドゥヒリオンの合戦でも映画だと部下に押し止められて撤退してるからね。
        まあ実際には最後まで戦う+戦えとアゾグは言い張り、親衛隊以外の部下オークはガン逃げ、落ち延びて再起を図れと訴える死人占いサウロン、って感じになるんだろうなぁー(笑) -- 2021-04-02 (金) 19:36:22
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileAlanLee-FuneralofThorin.jpg 812件 [詳細] fileAlanLee-BattleofFiveArmies.jpg 686件 [詳細]
Last-modified: