不運(ふうん)なる(もの)たちの墓石(ぼせき)

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルStone of the Hapless

解説

カベド・ナイラマルスの崖の縁近くにマブルングらによって建てられた、トゥーリンニエノールを追悼する墓石のこと。後に墓石には二人の父フーリンの手によって、フーリンの妻でトゥーリンたちの母モルウェンの名も加えられた。

トゥーリンがグアサングを使って自害した後、彼を追いかけてきたマブルングエルフ達とハレスの族人間達は彼が倒れていた場所に高い塚山を築き、彼の亡骸をグアサングの破片と共に葬った。そして塚山の上に大きな灰色の石を立て、ドリアスルーン文字で「トゥーリン トゥランバール ダグニア グラウルンガ」及びその下に「ニエノール ニーニエル」と刻んで、二人の墓石とした。だがニエノールはテイグリン川に身を投げたため、彼女の亡骸はここにはない。
後にフーリンはこの場所で、墓石の傍に座っていた妻のモルウェンと再会した。モルウェンがフーリンに看取られながら息絶えると、彼は墓石の西側に墓を作って彼女を葬り、墓石に「ここにモルウェン・エレズウェンも眠る」と文字を刻んだ。

予言者グリアフインは、不運なる者たちの墓石はモルゴスによって汚されることなく、例え海が全陸地を呑み込もうと、永久に覆されることはないであろうと予言した。怒りの戦いによってベレリアンドが水没すると、この墓石がある場所は予言された通り水没することはなく、トル・モルウェンという島になったと言われる。

コメント

コメントはありません。 Comments/不運なる者たちの墓石

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: