ヴィドゥガヴィア

概要

カテゴリー人名
スペルVidugavia
その他の呼び名ロヴァニオンの王(King of Rhovannion)
種族人間北国人
性別
生没年第三紀
ヴィドゥマヴィ(娘)、他におそらく男子

解説

第三紀1248年のゴンドール東夷の戦いで、当時のゴンドールの摂政ミナルカールを補佐した北国人。「ロヴァニオンの王」を自称しており、事実北国人の諸侯の中で最も勢力があった(領国は緑森大森林ケルドゥイン川の間)。
1250年には、彼の許にミナルカールの息子ヴァラカールが大使として派遣された。ヴァラカールはヴィドゥガヴィアの娘ヴィドゥマヴィを娶り、二人の間にエルダカール(ヴィニサールヤ)が生まれた。後にエルダカールがゴンドール王となったことで、ゴンドール王家には北国人の血が流れることとなった。

終わらざりし物語』によると、ヴィドゥガヴィアの子孫にマルハリマルフウィニフォルスウィニの一族がいた。彼らはゴンドールの王ナルマキル二世およびその子カリメフタールと同盟を結んで馬車族と戦い、エオセオド(後のロヒアリム)の祖先となった。
ヴィドゥガヴィアの名は、ゴート語の名前ヴィドゥガウヤ(Widugauja)をラテン風に綴ったもので、意味は「森に住まう者(Wood-dweller)」。

コメント

コメントはありません。 Comments/ヴィドゥガヴィア

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: