ヴィゴ・モーテンセン

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
スペルViggo Mortensen

解説

アメリカ出身の俳優。映画『ロード・オブ・ザ・リング』でアラゴルン二世を演じる。日本語吹き替えは大塚芳忠が担当。
三部作以前は『G.I.ジェーン』『クリムゾン・タイド』等に出演した事が有名。俳優であると同時に画家・写真家として個展を開くなどしている。三部作完結後の2007年に主演を務めた『イースタン・プロミス』では各国の二十個近い賞にノミネートされ、そのうちゴールデングローブ賞・主演男優賞などを受賞した。それ以後も『ザ・ロード』『危険なメソッド』なのでも多数の賞で演技を高く評価されている。息子のヘンリー・モーテンセンは、角笛城のシーンにカメオ出演している(ハレスの背後で兜を被った少年兵士)。

抜擢までの経緯

当初アラゴルン役はスチュアート・タウンゼンドが演じるはずだったが、タウンゼンドが解任された為に(詳細はタウンゼンドの項目を参照)、撮影開始直後にスタッフによってモーテンセンが抜擢される。モーテンセン自身は、オファーを受けたとき原作を知らず、ニュージーランドでの撮影のため長期間家族と離れることになるため消極的だったが、原作読者だった息子の薦めでこの仕事を引き受け、自身は原作はニュージーランドへ向かう飛行機の中で読んだという。

逸話

非常にエネルギッシュな人物で多くの逸話がある。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 撮影期間の休憩中、アラゴルンスタイルのままナルシルを持って駐車場に行く途中に職務筆問されたのと、オーランドの提案で旅の仲間でエルフ語で「9」の字を入れようとしたら、彫氏に土日休日だと言われて9人全員で衣装のまま店に乗り込むことを提案したこの2点は有名!! -- 望月 螢
  • 役者に画家に写真家…この人はアーティスティックな性格なのかな、エピソードを聞く度にユニークすぎて噴く -- 2014-03-11 (火) 05:33:13
  • ヴィゴは釣りが趣味らしいけど指輪の撮影の合間なのか、アラゴルンの格好で釣り糸を垂れている姿が不思議と絵になっていた。 -- 2014-03-12 (水) 20:34:25
  • 還暦間近だってことが信じられない -- 2016-07-16 (土) 21:46:00
    • 59歳、あと一年で -- 2017-05-26 (金) 00:58:52
  • 二つの塔のプロモーションでイラク戦争反対を主張したけど、もし日本人俳優が同じことをしたらネットで叩かれまくるだろうな。 -- 2016-08-22 (月) 00:41:07
  • LotR以降はしんみりとした雰囲気の映画が多い。オーランドやイライジャのはっちゃけぶりとは対照的だ。 -- 2016-12-28 (水) 01:04:03
  • 『はじまりへの旅』でアカデミー主演男優賞にノミネート。2007年の『イースタン・プロミス』から9年ぶり2度目。やっぱり名優かな。演じている役柄が独特すぎて受賞はしそうにないけれど。個人的には彼独特の存在感が大好き。彼にとってアラゴルンは異色の役柄だったのか、それとも彼が演じたから味のあるアラゴルンになったのか未だに考えてしまう。 -- 2017-02-20 (月) 22:49:43
    • 体を張ったアクション映画もLotrRとアラトリステ位しか無いような -- 2017-02-21 (火) 03:17:04
    • アラゴルンを演じるまで日本であまり大きく取り上げられなかったのもその独特の立ち位置のためか -- 2017-05-26 (金) 02:33:51
  • ここまでエネルギッシュな人だとは…最高www -- 2017-05-25 (木) 22:55:22
  • アラトリステとかエド・ハリスと一緒に出てた西部劇とか女より友情を取る男が良く似合う -- 2019-12-13 (金) 01:24:35
  • 職質した警官はその後ちゃんと映画を観たんだろうか -- 2020-05-24 (日) 01:35:43
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: