ヴァイレ

概要

カテゴリー人名
スペルVairë
その他の呼び名織姫(おりひめ)(the Weaver)
種族アイヌアヴァラール
性別
生没年
配偶者マンドス

解説

名はクウェンヤで「織姫」の意。ヴァリエアの一人でナーモ(マンドス)の妃。時間の中に存在したこと全てを物語の織物に織りなし、マンドスの館を飾る。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この人(人じゃなけいど)が活躍した場面ってありましたっけ?ネッサでさえ、どこかで踊ったという記載があったのに、この人のは記憶にありません。 -- 2010-02-03 (水) 12:31:19
  • 常に動かず記録をとっている・・というところに本質があるのでしょう。ローテールみたいに -- 2010-12-05 (日) 01:16:23
    • ローテールがわかる人って・・・ここには多そうですね -- 2012-01-06 (金) 02:33:26
  • アルダの物語を絵画的表現で残している、この世界では稀有なお方。エルフも人間も歴史物語を叙事詩や歌にして残す習慣は広まっていますが、綴織のタペストリーや絵画にして室内に飾る習慣はあまり一般的ではなさそう。 -- 2018-09-30 (日) 13:12:04
    • 西方勢力の影響下の民には壁掛け布の習慣があると思われます。例としてシンゴルの王宮メネグロス、ローハンの黄金館、ミナス・ティリスの広間(ピピンが訪れた際の描写のされ方から、戦時下ゆえに取り外されていたと思われる)があげられます。 -- 2019-03-22 (金) 23:24:05
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: