ローハン軍進撃の歌

概要

カテゴリー詩・歌
その他の呼び名Théoden's Battle Cry

解説

ペレンノール野の合戦ローハンの王セオデンロヒアリムの軍勢に攻撃の号令を出した際の言葉。

邦訳

立てよ、立て、セオデンの騎士らよ!
捨身(しゃしん)勇猛(ゆうもう)()ざめた、火と殺戮(さつりく)ぞ!
(やり)(ふる)え、(たて)をくだけよ、
(つるぎ)の日ぞ、赤き血の日ぞ、の上る前ぞ!
いざ進め、いざ進め、ゴンドールへ乗り進め!*1

いざ進め、いざ進め、ゴンドールへ乗り進め!*2

原文

Arise, arise, Riders of Théoden!
Fell deeds awake, fire and slaughter!
spear shall be shaken, shield be splintered,
a sword-day, a red day, ere the sun rises!
Ride now, ride now! Ride to Gondor!

Ride now, ride now! Ride to Gondor!

コメント

コメントはありません。 Comments/ローハン軍進撃の歌

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: