リンノド

概要

カテゴリー詩・歌
スペルlinnod
異訳リノド

解説

ギルラインアラゴルン二世との最後の別れに際して語ったシンダール語の短い詩。この言葉を聞いてアラゴルンが旅立ったあと、ギルラインは他界した。

オネン イ=エステル エダイン、 ウー=ヘビン エステル アニム
Ónen i-Estel Edain, ú-chebin estel anim

「わたしはドゥネダイン望みを与えた。わたしはわたし自身のためには望みを取って置かなかった。」*1
‘I gave Hope to the Dúnedain, I have kept no hope for myself.’

リンノドの「望み」とは、アラゴルンがドゥーネダインにとっての希望になったこと、またアラゴルンが「望み」を意味するエステルと呼ばれていたことに由来すると思われる。

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション』に登場するギルラインの墓に、この言葉が彫ってある。
王の帰還』において、エルロンドアラゴルン二世アンドゥリルを手渡すシーンで使われている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「王の帰還」では、エルロンド卿がアンドゥリルを手渡すときにこれを言っていました。…それって、この親子の会話を傍で聞いていた、ということでしょうか。しかも一字一句間違えていないとは。 -- Windy
    • 原作の追補編では、そのシーンが親子二人きりだったとは書かれてないようですので、ドゥーネダインの中で誰か立ち会ってた人がいたのでしょう。こういう台詞は母子たち自身からはあまり吹聴しそうに無いですものね。 -- カイト
    • ギルラインの墓石にこの言葉が彫ってあります。エルロンドはこれを見て知っていたのでしょう。
  • ギルライン母さんの辞世の句だったんですね(´・ω・`) -- 2015-01-16 (金) 12:32:32
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: