ラライス

概要

カテゴリー人名
スペルLalaith
その他の呼び名ウアウェン(Urwen)
種族人間エダイン
性別
生没年第一紀(466)~†(469)年
フーリン(父)、モルウェン(母)
兄弟トゥーリン(兄)、ニエノール(妹)
配偶者なし
なし

解説

名はシンダール語で「笑い(Laughter)」の意。フーリンモルウェンの長女で、トゥーリンの2歳下の妹。
本来の名はウアウェンであるが、非常に愛らしく、彼女の笑い声はフーリンの屋敷の近くを流れるネン・ラライスのせせらぎのようであったことからラライスと呼ばれていた。
フーリンからはエルフの子供のようだと言われ、トゥーリンは誰よりも彼女を慈しんでいたが、3歳の時に悪しき吐息で病死し、家族を大いに悲しませた。

終わらざりし物語』によると、トゥーリンは全ての女性にラライスの面影を求めたという。

草原を駆ける童女の髪は野に咲く黄色い百合のようであり、笑い声は、丘から流れ下って父親の館の壁を過ぎる陽気な小川のせせらぎのようだった。*1

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この子の死がトゥーリンの心に大きな影を落としたのだろう -- 2016-08-27 (土) 00:45:45
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: