ラメドン

概要

カテゴリー地名
スペルLamedon

解説

白の山脈の南にある地。キリル川とリングロ川が流れ、キリル川沿いにはカレンベルの町が存在する。辺境の諸侯国の一つであり、指輪戦争時の領主はアングボール

ペレンノール野の合戦が始まる直前には、ミナス・ティリスへの援軍として、きびしい顔の山男たちが数人参じたのみだったが、それはラメドンの民がモルドールの同盟軍(ウンバールハラドの軍勢)による海上からの脅威と戦わなければならないためだった。
死者の軍勢によって、これらモルドールの同盟軍が潰走すると、ラメドンからはアングボールが招集できるだけの騎兵を率いて灰色の一行の後を追い、ペラルギアウンバール海賊船(黒の艦隊)を捕獲した一行と合流を果たした。一行と共にペレンノールへ船で向かった者の中にはラメドンの人間もいたが、アングボールはこれとは別に四千人の部隊を率いてミナス・ティリスへの援軍に向かった。

コメント

コメントはありません。 Comments/ラメドン

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: