ラス・ディネン

概要

カテゴリー地名
スペルRath Dínen
異訳ラス・ディーネン
その他の呼び名沈黙の通り(Silent Street)、聖所(Hallows)、死者の館(Houses of the Dead)

解説

シンダール語で「沈黙の通り」の意。ミナス・ティリスの背後、ミンドルルイン山の鞍部に設けられた廟所。ここにはゴンドールの王・執政・諸侯などの高貴な者が葬られた。
都とは開かずの入口によって繋がっており、この道は執政と、許可証を持った墓所の管理人しか使用できない。

一行は下へ下へと降りて行き、とうとう白っぽい丸屋根の建物や人気ない館、そしてずっと昔に亡くなった人々の彫像の間にあるラス・ディネンすなわち沈黙の通りにやって来ました。*1

指輪戦争では、狂気に陥ったデネソール二世がここで瀕死のファラミアと共に焼身自殺を図ったが、ベレゴンドガンダルフによって阻止され、デネソールのみが焼身を遂げた。
指輪戦争後、白の木の若木が発見されると、噴水の庭にあった枯木はここに移されて安置されたという。

執政の廟所 (House of the Stewards)

執政たちの家執政家の廟とも。
執政の廟所である丸屋根の建物。廟内には大理石の台座が並び、その上に歴代の執政たちの姿が安置されている*2
デネソール二世が焼身自殺を遂げると、その火によって廟所も炎上し崩落してしまった。

王家の廟所 (House of the Kings)

ゴンドール王家の廟所。
最後の王エアルヌアは失踪する前、王冠をここに眠る父エアルニル二世の膝の上に置いていった。アラゴルン二世(エレスサール王)が戴冠するまで、王冠はそのまま廟内に安置されていた。
エレスサール王は死期を悟ると自ら寝台に身を横たえ、エルダリオンに王位を譲ると、アルウェン王妃に別れを告げて身罷った。その両脇にはメリアドク・ブランディバックペレグリン・トゥックの寝台が並べ置かれたという。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における沈黙の通り(ラス・ディネン)

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • いちいち一文字ごとにルビを振らないように。ルビを表記できない環境では「漢字(ルビ)」と表記されるため、一文字ごとに打っていては「漢(ル)字(ビ)」と表記されてしまい読解に支障をきたす。よく考えて編集しましょう。 -- 2020-09-09 (水) 22:00:19
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot00386.jpg 779件 [詳細]
Last-modified: