モルドール

概要

カテゴリー地名
スペルMordor
その他の呼び名黒の国、暗黒の国(Black Land)
影の国(Land of Shadow)
暗黒の国、暗黒の地(Dark Land)
暗黒の国(Dark Country)
黒の国(Black Country)
名をいうをはばかるかの国(Nameless Land)

解説

シンダール語黒の国の意。冥王サウロンの王国。この国の心臓部である滅びの山の火を用いて一つの指輪は作られた。
サウロンはこの地の大城砦バラド=ドゥーアを本拠とし、国土と軍勢はサウロンの意志によって支配されている。

地理

視野に現われた土地は荒々しく無情で仮借(かしゃく)のないものでした。 … (きば)なす岩が突兀(とっこつ)と連なって山際はぎざぎざのいりくみを見せ、背後から照らされる赤い光に黒々ときわだっていました。 … この尾根のずっと向こう、しかしほとんど真っ直前方に当たって、小さな火の点在する広大な湖のような暗闇のさきに、真っ赤に燃えるものがありました。そしてそこから渦巻く煙が途方もなく太い(すじ)となって幾条も立ち昇って、煙のもとの方は黒ずんだ赤色で、上の方は黒く、この(のろ)われた地一帯をおおう波立つ天蓋(てんがい)に吸い込まれていました。*1

エレド・リスイ山脈の南、エフェル・ドゥーアス山脈の東にある、ふたつの山脈に囲まれた難攻の地。北の入り口であるキリス・ゴルゴルには黒門歯の塔が、西の入り口にあたるモルグル谷にはミナス・モルグルが、そこから分かれたキリス・ウンゴルにはシェロブの洞窟に加えてキリス・ウンゴルの塔があるなど、すべての道は徹底して監視され防衛されており、忍び込むのも抜け出るのも容易ではない。

北西部のゴルゴロス高原の中央部に滅びの山が聳え、その東の方向にサウロンの城砦であるバラド=ドゥーアが建っている。
滅びの山の活動時、国土は絶えずその噴煙に覆われるため昼でも薄暗い。

北部には鉱山や鍛冶場、軍勢の野営地などが広がっている。軍勢が移動するための道路網も整備されており、道路沿いには砦がいくつも設置されている。エフェル・ドゥーアスとモルガイの谷間にもそうした道路の一つがあり、その北端にはドゥアサングの砦がある。エフェル・ドゥーアスとエレド・リスイが合流するところにウドゥンの盆地があり、その南側の出口はアイゼン口となっている(北側の出口が黒門である)。
一方で南部のヌアネン湖周辺には大規模な奴隷農場があり、そこで生産される食糧で軍隊を養っている。

東のリューンや南のハラドにある隷属国とは大街道によって繋がっており、それらの国々からもたらされる多量の貢物と奴隷によっても国力が維持されている。

地名

歴史

「モルドールの名は、いくらホビットといえども耳にしたことはあるじゃろう。昔話の辺境にうずくまる影のごとき存在じゃ。敗北とそれに続く小休止の後、影は必ず別の形をとって、ふたたび勢いを盛り返すものよ。」*2

第二紀中つ国で活動を再開したサウロンは、1000年頃にオロドルイン(滅びの山)があるこの地を拠点に選び、その火を妖術や鍛造に利用すると共にバラド=ドゥーアの築城を始める。1600年頃にサウロンはオロドルインの火で一つの指輪を鍛え上げ、バラド=ドゥーアを完成させた。
1693年から1701年まで続いた力の指輪を巡る戦いでは、サウロンの軍勢はエリアドールへ侵攻したものの、ギル=ガラドヌーメノールの反撃で敗退する。するとサウロンはモルドールに戻り、東方南方に勢力を伸ばして暗黒時代をもたらした。

3261年にアル=ファラゾーンウンバールに上陸すると、3262年にサウロンは降伏してヌーメノールへと連れ去られる。その間モルドールは放置されていたが、3319年にヌーメノールが海底に没するとサウロンはこの地に帰還し、再び滅びの山を噴火させた。
戦力を再建したサウロンは3429年にゴンドールに戦いを仕掛けたが、翌年締結された最後の同盟によってモルドールは攻撃を受ける。3434年のダゴルラドの戦いでサウロンの軍勢は敗北し、バラド=ドゥーアは3441年まで包囲された。滅びの山の山腹で行われた最後の戦いにおいてサウロンは斃された。
しかし一つの指輪が破壊されずサウロンの力は完全には消滅しなかったため、バラド=ドゥーアは破壊することができず、廃墟のまま残された。

第三紀になると、モルドールはゴンドールの監視下に置かれる。国境には歯の塔キリス・ウンゴルの塔ドゥアサングといった砦が築かれ、悪しき者が戻ってくることがないよう封鎖された。
そのため復活したサウロンは闇の森ドル・グルドゥアに潜んで好機を伺い、悪疫や戦乱を引き起こしてゴンドールの国力が衰微するよう仕向けた。そのため1640年頃には監視がおそろかになり、やがて悪しき者達が再び密かにこの地に戻ってくるようになる。
1980年にはナズグールがこの地に集結し、2000年から2002年にかけてミナス・イシルを包囲攻撃した。陥落したミナス・イシルはミナス・モルグルへと作り変えられた。
2475年からはウルク族がたびたびモルドールから現れ、イシリアンを襲撃した。
そのうち国境にあった砦もすべてモルドールが奪い取り、モルドールを防衛するために、あるいは国内の奴隷が逃亡するのを防ぐために用いられるようになった。

2942年、かねてから手筈を整えていたサウロンが遂にドル・グルドゥアを放棄して、密かにモルドールへ帰還する。2951年に彼は公然と名乗りを上げ、全ての悪しき者達をモルドールに集結させるとともにバラド=ドゥーアの再建を始める。2954年には滅びの山が再び噴火した。
以後、モルドールの影は着々と中つ国に広がっていったが、ゴンドールの働きによってその力が公然と大河の西側に及ぶことはかろうじて阻まれた。

指輪戦争において、サウロンはモルドールおよびそれに隷属する東方南方の軍勢を動員して、西方諸国へ一斉攻撃を仕掛けた。だが一つの指輪が破壊されたことでサウロンの力は完全に滅び、その軍勢は総崩れとなり、バラド=ドゥーアは崩壊した。
ゴンドールのエレスサール王はモルドールの奴隷を解放し、ヌアネン湖付近の土地をかれらに与えた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • オーク酒ってモルドールで生まれたのかな。それとも、モルゴス時代からあったのかな。俺は何となくモルドールで生まれた気がするが。 -- 2019-10-08 (火) 07:55:44
    • グロックだっけ? -- 2019-10-08 (火) 05:40:11
  • なんだこの流れとやたら誤字脱字だらけの連投は。と思ったら修正されてた管理人ナイス。 -- 2019-10-08 (火) 07:54:23
  • 教授の言う空想(ファンタジー)が病的な妄想に陥るというのはまさにこれらの事柄ではないかと思う。「本当に人間がカエルと人間の区別をすることができなかったら、カエルの王様に関する妖精物語は生まれえなかっただろう。」モルドールという悪の帝国は現実に存在し得なかったからこそ世界中のどのような出自の人間でも悪と認識できる訳で、これらの悪鬼の王国はどこそこの国から表れ出たものではなく、古くから創作の普遍的モチーフの一つとして存在していたと思う。恐らくオスマン帝国が歴史に存在しなかったとしてもモルドールはサウロンによって建国されただろうし、モルドールが悪魔の帝国だからといってオスマン帝国の偉業や栄光が傷つけられる事はないと思う。 -- 2019-11-03 (日) 22:13:44
    • だから地理情勢が似通っている、という話で心が悩まされる必要は無いんじゃないでしょうか?現実への認識を違えない限り、私達は現実がどうであろうと中つ国を心ゆくまで楽しむ権利があると思うんですよね。 -- 2019-11-03 (日) 22:36:41
  • オスマン帝国以外にも複数の要素が組み合わさってると考えるのが自然なのに、なぜ頑なにオスマン帝国だけが唯一全部だと思うのか。クリンゴンだって戦時中の日本その他モンゴル、ヴァイキングやアステカ等世界各地の戦闘に長けた民族を複合してできた勢力なのに -- 2019-11-04 (月) 20:31:22
    • 地理情勢が似ているだけじゃ対象を限定する要因にはならないのに -- 2019-11-04 (月) 20:32:20
    • しかもその内容(ゴンドールは東ローマ!モルドールはオスマントルコ!)も陳腐ときてる。やめてほしいよ正直。唸らされる点が皆無だからね、そんな浅い考察には。 -- 2019-11-04 (月) 20:50:37
    • モルドールだって西洋が過去に経験した東からの脅威を複合してできたイメージだと考えるのが自然だよね。古代はペルシアやフン族、中世ならサラセン、モンゴル・・・。トルコはその中でも一番最後にやって来た一派でしかないよね -- 2019-11-18 (月) 22:21:27
      • 別にモルドールそのものの由来を否定してる訳じゃないんだよね。数ある有力なインスピレーション元なのは間違いないわけだし。ただ誰もが一度は簡単に想像できる浅い考察を、「それ以外あり得ない」と押し付けがましく連呼されたら、そりゃ反発もくらうわ。 -- 2019-11-18 (月) 23:44:32
      • それ以外有り得ないなんて言ってないけどね 1番有力だろうなと思ってるだけ 第二次ウィーン包囲戦がモデルの戦いもあるし 何よりずっと攻め込まれてたけど最終的には逆転しましたって感じの異邦の脅威はトルコが1番インスピレーションとしては的確に思える -- 2019-11-20 (水) 00:55:56
      • もう黙っとけよ。 -- 2019-11-20 (水) 01:15:38
      • 個人で思うのは自由かもしれないけどね・・・結局は読者の憶測でしかないものを盛んに喧伝して回るのは、正しくない知識がさも通説であるかのように流布する事にもなりかねないんだよ。何も知らない第三者に偏見が広まったところで責任が取れるのか? -- 2019-11-21 (木) 19:03:56
      • だよね。そもそもネット界でも、こんな比較的ゆったりまったり、かつ作品や現実世界への造詣や愛情深めな住人が集まってるコミュニティってそうはないと思う。そこで(失礼ながら)総スカン食らってる時点で自分のレベルは察したほうがよいかと...。 -- 2019-11-21 (木) 19:58:01
      • どれが一番とか順列を決めたところで何の意味がある?そんな事をわざわざ言うのは自分の意見を押し通したいからじゃないのか? -- 2019-12-11 (水) 19:58:55
      • それもあるし、上でも触れられてるが知識と話の広がりが浅い。モルドールがオスマン=トルコと言われても、「はぁ...まあね」としか言いようない。しかもそれしか言わないからなおさら。「指輪物語はニーベルングの指輪からの発想!」「まぁ確かに。それで?」「指輪物語はニーベルングの指輪からの発想!」「......」マジにこんな感じの会話だからな上を見るに。 -- 2019-12-11 (水) 21:42:19
      • 2005年07月07日付 Milliyet紙 イギリスのデイリー・メール紙は、トールキンの作品で映画化された三部作の小説「指輪物語」に登場する、最も醜く野蛮な種族であるオークの言葉で“黒い言葉”はトルコ語であると報じた。 同紙は、映画版が入場者数の新記録を打ち立てたJ.R.R.トールキンの不朽の名作「指輪物語」に登場する闇の国モルドールがトルコであり、暗黒の王サウロンに仕える醜い戦士もトルコ人であると報じた。シリーズの第一部が1955年に刊行された指輪物語について考察した記事を読者に紹介するのに、トルコ人をトルコのお菓子・ロクムに見立てて「トールキンのオークはロクム」という見出しをつけた。 問題の“オーク=トルコ人説”は、デイリー・メール紙が読者の質問に答えるページで、ある読者の「モルドールはどこのことですが」という質問への答えとして掲載された。同紙のジェームズ・ブラック記者とチャールズ・レッグ記者は、モルドールという言葉が古い英語で「死に値する大罪」もしくは「殺人」という意味の“morthor”という語から作られていると述べ、続いて次のような説を展開した。 ・モルドール=トルコ 「トールキンの描く“中つ国”の地図とヨーロッパの地図を重ねて見れば、独特の気候や植物分布、動物学的な面から同じであることが見て取れる。暗黒の王サウロンの土地モルドールは、位置的にも形からもトルコである。トルコの三方を囲む海は、モルドールでは山脈に変えられている。(指輪物語の中の)ハラドは、アラブの土地である」。 ・黒い言葉=トルコ語 「モルドールがトルコのアナトリア地方の形をしていること以外に、オークの言葉“黒い言葉”とトルコ語には似ている点がある。トールキンの描くヌルネン海の周りで生きる奴隷たちはアルメニア人を、ヌルネン海はトルコのヴァン湖をたとえたものと考えられうる」。 ・ペラルギル=イスタンブル 「ホビットたちの生活していたシレは、イギリスの真ん中辺りだろう。ゴンドールは地中海に面したイタリアとギリシャであり、ローハンも東ヨーロッパの森の中にあるといえる。ゴンドールの首都ミナスティリスはヴェネチア、第2の都市ぺラルギルはコンスタンティノポリス(イスタンブル)と考えることができる」。 ■オーク:中つ国で最も罪深い種族 J.R.R.トールキンが物語を描く際、スカンジナビアの神話からインスピレーションを受けたと思われる中つ国の、最も醜く愚かで野蛮な、恐ろしい種族の一つであるオークは、小説の中で特別な位置を占めている。北の暗黒の力が自らに仕えさせるために創り出したオークは、モルドールで暗黒の王サウロンのために働く。オークが善良な種族であるエルフから作られたとも言われている。コミュニケーションを図るため、さまざまな言葉から借用し変化した単語から彼らが生み出した言葉は通常、ののしるために使われる。オークがたった数個の単語しか使わない“黒い言葉”は、暗黒の王サウロンが、自分に仕える者が話すよう考案したものだ。 この言語は、モルドールの戦士たちがよく使う。指輪物語のテーマである「指輪」の言葉もこの言語で刻まれている。 -- 2019-12-14 (土) 03:07:29
      • ハラドリムの記事でも書いたけど、デイリーメィルみたいな下劣なタブロイド紙の言うことを貼り付けない方がよいよ。海外知らないと「英国新聞の記事」ってだけで価値があるのかもしれないが、「ソースはデイリーメィル」ってマジに恥ずかしくて憤死もんのレベルだよ...。風俗情報乗っけてるスポーツ新聞紙の記事を根拠に学術論争を挑むようなもので、そのソースを選んだ時点でその論争なら負け確定だよ...。(英国駐在経験者より) -- 2019-12-14 (土) 10:21:46
      • ちなみにどんだけデイリーメィルの信頼度がないかというと、「Wikipediaからデイリーメィルを根拠とした記事の編集は禁止されている」レベルだからね...。 -- 2019-12-14 (土) 10:25:50
      • 実話文化TABOOみたいな感じか -- 2019-12-14 (土) 11:10:14
      • その前提で文章見返すと滑稽さと悲壮感とすごいな。 -- 2019-12-14 (土) 11:16:05
      • この流れは何回見ても泣ける。 -- 2020-02-10 (月) 16:53:12
    • ある国が関わった歴史上の事件をモデルにするのと、関わった国そのものをモデルにするのとは同じようで全く違う事なんだよ。分かるか坊や? -- 2019-11-22 (金) 18:42:47
    • 削り取った領土はササン朝の方が広いし、敵対し続けた期間ではアラブ人の方が長いし、セルジューク朝は初期の頃から分家が乱立してモルドールみたいな一枚岩じゃなかったし、オスマン帝国は元々弱り切ってた東ローマに止めを刺しただけ -- undefined 2020-02-10 (月) 13:56:02
  • カエサルは、山脈は長期的には防衛線足り得ず寧ろ有害(奇襲の温床、警戒や防衛が困難)としてガリア遠征をはじめとしたローマ防衛体制の革命(大河を防衛線として敵性部族内に補助友軍を創造)を成し遂げたが、その彼がサウロンの建国眼を見たらなんと言うかな。人ならざる高位の存在の癖にみみっちいと嗤うか、逆にそれでありながら堅実性を追及したサウロンを認めるか。ヌメノールにすら干渉しづらい東と南に補給網を築いたのは、個人的にはサウロンの卓見だと思うけど。 -- 2019-11-16 (土) 21:39:26
  • 例のトルコ好き君は勉強熱心なんだろうけど、知識をただ吸収するだけでそれを疑ってみたり視点を変えてみるって事ができてないんだよね。立証するだけが、何が正しいかを探すのだけが考察じゃないのに。知ってる事をただ書き並べてるだけで、そこからの広がりがない -- 2019-11-30 (土) 15:23:19
    • だから断定してないし それっぽい感じはあるよねと言っただけなんだが そもそも発端は ゴンドールを東ローマ帝国に例えた事だろ -- 2019-11-30 (土) 18:24:06
      • この期に及んで今度は他人のせいかよ...。終始ダメダメだな。 -- 2019-11-30 (土) 18:59:00
      • 東ローマ帝国と絡むならトルコは欠かせなくない? -- 2019-12-01 (日) 04:50:07
      • それっぽい感じはあるよね~  なら一回言えばそれで良いだろ。方々で同じような内容書き込んでんじゃないよ -- undefined 2020-02-08 (土) 12:19:37
      • この人(モルドール=トルコ)論破されるのが目的なのかな...読み返すと知識も弁舌も魅力も遠く及ばないが復活力だけはサウロンかよと言いたくなる。まあつまり、しつこい。 -- 2020-02-08 (土) 20:09:33
      • なんども言わせるなよ 東ローマ帝国がゴンドールのモデルなら 相対するモルドールは脅かし続けたセルジューク朝やオスマン朝みたいなトルコ系帝国が近いよねって話だろ発端 -- 2020-02-08 (土) 23:21:43
      • ゴンドールが東ローマって時点でもうあやふやだって事に気づこうね。その程度じゃ根拠になってないって、君こそ何度も言わせないでくれよ -- undefined 2020-02-09 (日) 02:09:46
      • マジでなんなんだろ、このモルドキッシュ論者は。大してトルコにもビザンツにも詳しくなく、しかもそこまで指輪物語を愛しているようにも見えんしな。大体なんなの、「発端」って。発端云々じゃなくて現実に誰一人賛同してくれてないんだから、いい加減消えなよ...。サウロンですらナズグルやら信奉者いたのに、君はいつもひとりぼっちで稚拙で、見るに耐えないよ。 -- 2020-02-09 (日) 10:50:37
    • 何人から何度批判されても決して自説を曲げない不屈の意志はある意味敬意を払える -- 2019-12-14 (土) 20:00:02
      • 自説というか稚拙。 -- 2019-12-15 (日) 01:58:22
  • 甲斐国とかいう戦国日本のモルドール -- 2019-12-01 (日) 23:56:33
    • 武田信玄という名のサウロン -- 2019-12-02 (月) 00:29:07
    • どっちもあてはまってないな 所詮ヴァイキングみたいな連中だし -- 2019-12-02 (月) 01:25:59
      • 甲州兵もヴァイキングも他国からすればオークみたいなもんだったろ。侮蔑する意図は無いよ? -- 2019-12-03 (火) 00:36:58
  • 侮蔑でないにしろ愚劣だな -- 2019-12-03 (火) 06:38:01
  • 結局モルドール=トルコ論争は、別にトルコ云々が問題なんじゃなくて相手の発言に対して自説を貫き押し通すことにしか興味がなく、話題を広げて会話を楽しむことができない「余裕のない」人は嫌われるし、知識も限定的になるって好例だ。トルコ自体が問題なんじゃないと、いつになったら気がつくんだろ。 -- 2019-12-15 (日) 18:47:17
    • 嫌だからちょっと言ってみただけなのに 何でそんな噛み付いてくんのかね コメント欄見直してみなよ -- 2019-12-16 (月) 03:47:35
      • 見直した。モルドール=トルコアナトリアと言ってる人が何回も論破されたり、それにお互いがネチネチやりあっていて(笑)、嫌な感じだね。どちらも。 -- 2019-12-16 (月) 08:05:54
    • 5chでやれよって話 -- 2019-12-29 (日) 00:25:46
  • てかモルドールってサウロンが来る前はどんなとこだったんだろ。モルドールがああなったのは指輪を手にしたサウロンが滅びの山を初めとして大地を作り替えねじ曲げたからだろうが、その前には人間の王国があったのだろうか。 -- 2020-02-08 (土) 20:12:56
    • 荒野じゃね?むしろ力の戦いで前からボロボロとか 穀倉地帯もあってそこで奴隷農場あるらしいけど -- 2020-02-08 (土) 23:19:23
      • あるらしい、ってか原作にしっかり記載あるやん。未読? -- 2020-02-09 (日) 10:51:20
お名前:

添付ファイル: filemordor_sketchmap.jpg 1105件 [詳細]
Last-modified: