メレス・アデアサド

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルMereth Aderthad

解説

シンダール語で「再会の宴(Feast of Reuniting)」の意。太陽の出現から二十年目に、エイセル・イヴリンの近くでノルドール上級王フィンゴルフィンが催した宴。
フィンゴルフィンフィンロドの一族の長や民の多くが出席し、フェアノールの息子たちからはマイズロスマグロール辺境国の戦士たちを伴って出席した。ベレリアンドを放浪する灰色エルフキーアダンと彼のファラスリムオッシリアンド緑のエルフも参加したが、ノルドールを嫌っていたシンゴルドリアスからは、マブルングダイロンがシンゴルの挨拶を携えて参加したのみだった。
この宴で同盟と友好の誓いが新たにされ、後々まで記憶された。

コメント

コメントはありません。 Comments/メレス・アデアサド

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: