メネル

概要

カテゴリー天文
スペルMenel
その他の呼び名タルメネル(Tarmenel)、天上界(Over-heaven)

解説

クウェンヤ及びシンダール語で「天空(firmament, heavens)」の意味。

エアレンディルの歌に登場するタルメネルの語は、クウェンヤで「高い(high)」を意味するタル(tar)とメネルを合わせたもの。『unfinished index』ではタルメネルを'high heaven, region of wind'(高い天空、風の領域)と定義している。
Guide to the Names in The Lord of the Rings』によると、天上界の語はエルフ語のメネル、タルメネルに相当する共通語の単語である。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • メネル、そこは最後のフロンティア -- 2015-04-12 (日) 11:59:40
    • それ言うなら、イルメンじゃない? -- 2015-04-13 (月) 09:40:24
  • メネルとはエルフたちが創りだした概念であって、エアの中に実在する領域ではないということでしょうか -- 2018-06-19 (火) 12:39:14
    • 「天文」のページによるとメネルという領域も実在するようですね。自己解決しました。しかし誰がいて何があるところなのかは不明なんですかね… -- 2018-06-19 (火) 12:49:45
  • 古代ギリシャの学者エウドクソスの天動説における恒星球に相当する領域ではなかろうか。。メネルにはヴァルダの星々がちりばめられており、天の北極を軸にメネル自体が24時間で一回転している。 -- 2019-04-19 (金) 05:12:03
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: