ミスリル

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルmithril
その他の呼び名まことの銀(true-silver)、モリア銀(Moria-silver)

解説

シンダール語でmithは「灰色の」、rilは「輝き」の意。まことの銀とも呼ばれ、モリアでのみ産出した*1ことからモリア銀とも呼ばれる。ドワーフが付けたおそらくクズドゥルによる名もあるが、他の種族には秘密にされているという。

「ミスリル! すべての民がこれを欲しがった。これは銅のように打ち延ばすことができた。またガラスのように磨くことができた。ドワーフたちはこれを軽くてしかも鍛えた鋼よりも堅い金属に作り上げることができた。その美しさはふつうの銀のそれに似ておるが、ミスリルの方はくろずむこともなく、曇ることもなかった。」*2

美しく有用である上に極めて貴重な金属であり、モリアが繁栄していた当時ですら金の10倍の価値があったという。
ミスリルはモリア繁栄の礎となったが、ドワーフは鉱脈を求めるあまりカラズラスの地下深くを掘り進み、地の底からバルログを解き放ってしまう。第三紀1981年、モリアはバルログのために滅亡し、ミスリルは新たに産出されなくなった。さらにミスリルはサウロン垂涎の的でもあったため、それまでに産出されたものもほとんどがオークによってかき集められ、サウロンに献上されてしまった。
こうしてミスリルは地上にほとんど存在しない、値のつけようもないほどの貴重品となった。

作中では、ミスリルの胴着ネンヤアルウェンの旗印エレンディルミア城塞の近衛部隊の兜にミスリルが使われていることが判明している。また、イシルディンエルフがミスリルから作り出したものである。
第四紀に入ると、燦光洞の領主となったギムリと彼の民のドワーフは、魔王によって粉砕されたミナス・ティリスの大門に代わり、ミスリルと鋼による新たな門を作ったという。

他作品に与えた影響

トールキンが描く以前から言葉、伝承などで存在していたエルフドワーフなどと異なり、ミスリルはトールキンによる完全な創作による金属の名称である。だがその影響は大きく、他のファンタジー作品でも“ミスリル”という金属が頻繁に登場することとなった。

ただ欧米ではMithrilMiddle-earth Enterprisesの登録商標になっているため、日本で作られたゲームなどにミスリルという単語が使われていても、欧米では変更されていることがある。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ドワーフたちがミスリルから作り上げた軽くてしかも鍛えた鋼よりも堅い金属(あるいは合金) なる物体には固有名詞はないのか疑問です。明らかに物質としての性質や品物の資産価値が異なるのに、ドワーフが関与したものとそうでないものを区別しなかったのでしょうか。別々の名前を付けて呼ばないと不便だと思うのですが。 -- 2018-11-10 (土) 06:11:25
  • 邦訳のガンダルフの台詞「世界でここだけにしか見いだせない」だと、モリアにしか埋蔵していないのでモリア以外では発見は不可能という意味に聞こえるが、原文のニュアンスは「世界でここだけにしか見いだせていない」だと思うのですがどうでしょう。 -- 2019-05-11 (土) 16:26:44
  • ミスリル自体は特に魔法的要素を持たない尋常の物質という事なのかな? -- 2019-09-20 (金) 10:49:22
    • エルフが加工するとだいたい魔法の力をもってしまうのがトールキン世界のお約束。バラヒアの指輪が例外的 -- 2020-07-05 (日) 09:34:57
    • 中つ国の金属として一番固いのは隕鉄の合金なのじゃないかな。アルダの星は人工物?なので陸奥鉄みたいな感じか。そしてエルフや古代人の名工が打ったアイテムも強い。 -- 2020-07-05 (日) 11:33:56
  • 某ロボット作品で 主人公の所属する組織の名前に採用 、実はとある合金の名を関する暗躍組織に対する 架空の金属としての当て付けってのが面白かった -- 2019-09-20 (金) 11:03:13
  • 映画とかに出てくる前は、発音はずっと「ミスリル↑」だと思ってた -- 2019-09-21 (土) 16:22:15
  • 某有名RPGでは中堅クラスという扱いの悪さ。海外では著作権の問題から、綴りを変えているらしい。 -- 2019-09-22 (日) 00:53:54
    • 一般的な作品ではオリハルコンより格下の扱いを受ける。しかしオリハルコンが実は今日で言うところの真鍮である事に鑑みれば、希少性と言う点では遙かにミスリルの方が上である。 -- 2020-07-04 (土) 01:17:21
  • サウロン「んほぉ~このミスリル貯まんねえ~」魔王「相変わらず物欲やべえなこの人」 -- 2020-07-04 (土) 01:23:01
  • ミスリルは軽いし加工しやすいし実用性あるし、交易品としては正に至高の品だよな。 -- 2021-01-22 (金) 19:59:08
    • 超詳しくはないが、航空機の素材にはよいが徹甲弾の弾頭の主体には向かない合金とみていいかな? -- 2021-01-22 (金) 21:58:52
      • 銀に似ているだけなのか銀の性質を合わせ持つのか?銀の弾丸なら獣人アンデッド悪魔の類いにはダメージ大きそうだけど -- 2021-01-22 (金) 22:14:34
    • 既出かも知れないが、刀剣にはあまり使われないのも特徴かと。あくまで魔法文字、防具、装身具用というイメージもある。 -- 2021-01-22 (金) 23:12:19
      • 軽い事、加工しやすい柔軟性は破壊力の減退にも繋がるしね。貴婦人の護身用の短剣とかならワンチャンあるのかな。 -- 2021-01-23 (土) 13:00:56
  • モルゴスがシルマリルに心を奪われたのに対して、サウロンはより実用的なミスリルに対して耽溺しているという描写の差が面白い。 -- 2021-04-08 (木) 07:58:28
    • サウロンが魅せられたのは宝飾品としてのミスリルであって(だからこそ)実用品としては用いなかったんじゃないかな。腹心の装備ですらミスリル製では無かったようだし。 -- 2021-04-08 (木) 23:45:40
  • トールキンってちょっとすごすぎない?
    いわゆるヨーロッパ系のファンタジー作品で影響受けてないのないでしょ
    ミスリルも彼のオリジナルとは恐れ入った -- 2021-09-23 (木) 00:54:23
    • 他作品では強力なアーティファクト用の金属の名前として名前が借用されることが多い。既存の名前を借用することにより強さが比較しやすい。 -- 2021-09-23 (木) 15:50:37
    • あまりにも非トールキン作品でも耳にするのでミスリルがトールキン教授の完全なオリジナル名称とは今の今まで知りませんでした… -- 2021-09-24 (金) 01:51:37
    • 本当、トールキン教授、尊敬します。 -- 2021-09-24 (金) 15:47:54
    • 一見するとパクリに見えるがある程度まで作品間で名称を統一することでイメージの統一や強さの比較がしやすいとい利点がある。この場合は業界一般に置けるゴブリン・オーク種やミスリルなので中つ国のものと正確に同じではないので注意。雑魚としてのスライムなどもこれらに近いかも知れない。 -- 2021-09-24 (金) 19:33:17
      • なんで変に上から目線なんじゃ? -- 2021-09-24 (金) 21:07:35
      • イメージの統一も強さも比較も、べつに作品間でする必要ないと思います -- 2021-09-24 (金) 22:22:47
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: