ミスリム

概要

カテゴリー地名
スペルMithrim
その他の呼び名

解説

ヒスルム南東部にある大きな湖と、その周辺の土地、そしてその西のドル=ローミンとの境の山脈の名。東と南はエレド・ウェスリンに囲まれている。ダゴール=ヌイン=ギリアスの際には合戦場となった。
中つ国に帰還したノルドールはここから各地に分散したが、フィンゴルフィンの民の多くは長く湖周辺に住んでいた。

ミスリムという地名は、元来はこの土地に住むシンダールを指す名前だった。

ミスリム湖 (Lake Mithrim)

東西に長い湖で、帰還したノルドールはこの湖畔に最初の野営地を築いた。ノルドールが初めてシンダールエルフたちを見出したのもこの湖の畔であった。
この湖の西のミスリム山脈の山中にアンナイルたちの住居があったらしいが、後に彼らは安全の為にトゥオルを連れてアンドロスの洞窟へ移った。

ミスリム山脈 (Mountains of Mithrim)

ミスリムとドル=ローミンの境界をなす山脈。エレド・ウェスリンから北西へと突き出た支脈で、ミスリム湖の西まで続いていた。

コメント

コメントはありません。 Comments/ミスリム

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: