マンドスの(やかた)

概要

カテゴリー地名
スペルhalls of Mandos
その他の呼び名待つ館、待つ者の館(Halls of Awaiting)
死者の家(Houses of the Dead)
時なき館(timeless halls)
沈黙の館(silent halls)

解説

ヴァラールのひとりマンドス(ナーモ)の館であり、死者の霊魂が集められる場所。
アマンマンドスの地にあり、外なる海の岸辺の近くに建つ。館は時の経過と共に大きくなっており、ヴァイレによって織られた、世の中の全ての物語を綴った織物で覆われていく。
近くにはニエンナの住む館があり、彼女はよくマンドスの館を訪れて、霊たちの訴えを聞いている。

しかし、ルーシエンはついにマンドスの館に来た。この世の(はて)なる西方ヴァラたちの館のかなたにあって、エルダリエのために定められた場所のあるところである。ここでは、待つ者たちがそれぞれの思いの幽暗に包まれて坐っている。*1

死者の家

エルフの死
館は死んだエルフの霊魂が集められる場所として知られ、エルフはここで待機の時間を過ごした後、望めばここから出てきて復活することができた*2。エルフが「不死」とされるのはこのためである。

「わたしはこれから大海のかなた、アマンの山脈のかなた、時なき館に赴き長い休息につく。わたしの姿が再びノルドールの間に見られるのは遠い先のことであろう。」*3

ドワーフの死
ドワーフの信仰では、死んだドワーフはアウレによって、彼らのためのマンドスの館に集められるという。だがエルフとは異なり、ドワーフはここから戻ってくることはない(不死のドゥリンのように、回帰すると信じられている者はいた)。

「わしはこれから、父祖のかたわらにいこうはずの天の宮居(みやい)(halls of waiting)におもむくのじゃ。この世がすっかりあらたまる時までな。」*4

人間の死
死んだ人間の運命はそれらとは異なり、かれらは永遠にこの世を去る。ベレンの例から見ると、人間の霊魂もいったんはマンドスの館に集められて待機の時間を過ごした後、外なる海の岸辺から世界の圏外へ旅立つようである。
唯一の例外としてベレンだけが死後も待機の期間を越えて岸辺に留まり、ついにはルーシエンの懇願によって、彼女とともに一度中つ国へ帰還した。

『悲しみのうちにわれらは行かねばならぬとしても、絶望して行くのではない。ご覧! われらはいつまでもこの世に縛られているのではない。そしてこの世を越えたところには思い出以上のものがあるのだ。』*5

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんで人間だけ・・・ -- シャッショロリン 2008-01-30 (水) 21:09:05
    • 逆に言えば人間だけがアルダの運命から解き放たれて自由になれるとも言える。死んだエルフは一部を除き世界が建て直される時までここに幽閉されるのだから -- 2013-11-19 (火) 12:00:33
  • トゥーリンの魂はどこへ -- 2008-09-03 (水) 07:54:20
    • ほら、あなたのうしろへ・・・ -- 2016-02-16 (火) 22:14:23
  • この館の中って闊歩自由なんでしょうか。ものすごい愛憎渦巻く親族関係ですが館に入ったら水に流せるものなのかな・・・ -- 2011-03-07 (月) 00:41:57
    • 彼岸なんてのはそんなもんでしょうけど、個人的にはフェアノール一族が良くも悪しくも大人しくしてるように思えない。むしろ、何かしでかして欲しい位ですが。 -- 2011-03-07 (月) 12:14:12
    • 魂だけとなったエルフは極めて孤立的で、他者との接触をほとんど望まないのだそうです。 -- 2011-03-07 (月) 15:51:19
      • ドワーフの方は賑やかにやってそう。作った品を披露したり、新しい技術を議論したり。腕試しの後は食って飲んで楽しくやるんだ -- 2018-10-17 (水) 19:05:59
      • ドワーフなら館の増築まで自前でやっていそうですね。 -- 2018-10-28 (日) 18:27:34
      • ダイン辺りはしょっちゅう勝負挑まれてそう -- 2018-10-28 (日) 20:56:19
    • そもそも内部がどうなっているのか自体が謎。ただ延々と回廊が続いているのか、或いは振り当てられた個室や用途別の部屋があるのか。調度品や生活用品の有無も気になる -- 2018-10-17 (水) 19:00:20
  • ヴァイレ作のつづれ織りを見てみたい。 -- 2011-03-11 (金) 13:29:05
  • 西への船に乗ったビルボが、ここでドワーフたちと再会できたと考えると救われる。 -- 2013-04-01 (月) 17:02:05
    • ドワーフの館に他種族であるビルボが入れるとは思えないけど(そして入りたがるとも思いがたい)トル・エレッセアでエルフ達とすごして寿命を迎えた後は素直に旅に出るんじゃないかな -- 2013-04-01 (月) 22:30:34
      • ホビットは人間からの派生だから人間と同じ扱いでいいんでしょうか -- 2018-10-22 (月) 00:51:50
  • ここを出て復活したエルフは、館にいた間の出来事を覚えているのでしょうか?ニエンナに慰められたことや、ヴァイレの綴織の内容とか。 -- 2018-10-01 (月) 20:34:11
  • なんかトゥーリンがここにいてモルゴスが虚空から舞い戻った時に復活してトドメ刺すらしいけど人間なのになんでいるんだっけ? -- 2020-04-14 (火) 22:47:05
  • フェアノール兄貴は復活厳禁だけどフォンゴルフィンも同罪なの?シャドウオブウォーのフェアノール兄貴の孫のケルブリンボールは間違いなくこの枠だろうけど -- 2020-04-14 (火) 22:48:29
  • 基本的に死んだら霊魂がここに集まる上にエルフそのものも子作りして増えていくんだからマンドスの館は超満員なのでは -- 2021-10-08 (金) 07:35:07
    • そうは思いません。時の経過と共に、大きくなっていくから。子作りするかどうかも分かりませんし、本にはそう書かれていなさそうですし。 -- 2021-10-10 (日) 15:18:12
      • どこまで大きくなるのかおそるべし エントロピー保存の法則素人阿呆の間違った解釈版みたいだ こういうのをリセットするためにダゴール・ダゴラスも必要なのか それとも死者の館は時空を超越しているのか -- 2021-10-10 (日) 18:42:43
  • 魂がマンドスの館に行くなら、フロドとビルボは肉体のままで行って、向こうで魂になるということ? -- A 2021-10-10 (日) 15:00:33
    • そうではありません。フロドとビルボはアマンへ行きましたが、アマンとマンドスの館は自由に行き来できません。アマンに住むエルフは生きている間はマンドスの館を訪れることはできません。フロドとビルボはアマンで余生を過ごして死んだ後、魂だけマンドスの館へ行って待機した後、世界の圏外へ旅立つということです。 -- 2021-10-10 (日) 16:38:26
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: