マイズロスの辺境国(へんきょうこく)

概要

カテゴリー地名
スペルMarch of Maedhros
異訳マイズロスの辺境
その他の呼び名東の辺境国(eastern March)、東の辺境(east marches)

解説

ゲリオン川の二つの水源の北方、ヒムリングの丘の周辺に広がる土地。長兄マイズロスを筆頭とするフェアノールの息子たちによって守られていた。
他の土地に比べ北方への防壁となる山や川が少なく、アングバンドからの攻撃に対して無防備だった。マイズロスはこの辺境地に退いて防衛を引き受けることで、激越な気性の兄弟たちが他のエルダールと諍いを起こすことを回避するとともに、後背地となる東ベレリアンドを事実上手中に納めた。

辺境国の本拠はヒムリング山頂の砦にあり、マイズロスが住まった。ヒムリングの東、大ゲリオン小ゲリオンに挟まれた丘陵の切れ目はマグロールが守備したため、マグロールの山間と呼ばれた。ヒムリングの西にあるアグロンの山道はケレゴルムクルフィンが強力な武力で守護し、その後背ヒムラドを領有した。マグロールの山間より東のレリア山周辺の土地はカランシアが守護してサルゲリオンを領有し、青の山脈ドワーフとの交易で莫大な富を獲得した。これより南の緑の森には後にエストラドと呼ばれる地にアムロドアムラスが住んだ。

しかしダゴール・ブラゴルラハで守りは突破され、ヒムリング山に拠るマイズロスを除いて兄弟たちは領国を失った。ニアナイス・アルノイディアドの大敗によってマイズロスもヒムリングを逐われると、フェアノールの息子たち青の山脈の山麓に逃れて緑のエルフたちに交じり森の暮らしを送るようになった。

コメント

コメントはありません。 Comments/マイズロスの辺境国

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: