ホビット穴

概要

カテゴリー言葉・単語
スペルhobbit-hole

解説

ホビットの住まい。小高い丘の斜面を掘り抜いて作られたトンネル住居で、丸いドアと円い窓が特徴。廊下も丸く、二階以上の高さは作らない。特に大きなホビット穴はスミアルと呼ばれる。

ホビットは基本的にホビット穴で生活することを好むが、これに適した丘と斜面の数は限られているため、やむを得ず地上に家を建てることもあった。特に第三紀末のホビット庄ではホビット穴で暮らしているのは、最も富める者か最も貧しい者かに二極化していたという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 地面の穴のなかに、一人のホビットが住んでいました。 -- 2018-08-05 (日) 16:14:01
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: