ホビット庄本草考

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルHerblore of the Shire

解説

メリアドク・ブランディバックの著作。ホビット庄においては、メリアドクの著作の中で『紀年考』と並んで有名。
喫煙に習慣についても触れられており、『指輪物語』の序章「パイプ草について」の大部分はこの書の序説からの引用である。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • パイプ草の植生だけではなく、煙の輪遊びのことも書かれているに違いない。 -- A3
  • ついにパイプ草の歴史を語ることなくセオデンが逝ってしまわれたからせめて本にしてその追悼の意を込めているのかもしれないですね。
  • 本編を読んだ後で冒頭の「パイプ草について」を読み返すと涙があふれてくる。 -- 2021-04-10 (土) 10:27:39
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: