ベレリアンド最初の合戦

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルFirst Battle of Beleriand
異訳ベレリアンド第一の合戦、ベレリアンドの最初の合戦

解説

太陽の第一紀が始まる前、ノルドール中つ国帰還以前にベレリアンドで行われた、エルフモルゴスとの最初の合戦。

アングバンドから出撃したオークの軍勢が、モルゴスの送り出す雲に隠れて北方の高地地方に入り、そこから大挙してべレリアンドに侵入し、東と西に分かれてメネグロスの両側を襲った。東の軍勢はケロン川とゲリオン川の間を、西の軍勢はシリオン川とナログ川の間の平原を略奪し、シンゴルエグラレストキーアダンとの連絡を絶たれた。
シンゴルはナンドール・エルフデネソールに救援を要請し、アンドラムの北方、アロス川とゲリオン川の間で、東のオークの軍勢を攻撃した。レギオンオッシリアンドのエルフの軍勢に挟み撃ちにされたオークの軍勢は完敗し、北に逃げた者もドルメド山から出撃したドワーフに討ち取られ、アングバンドへ逃げ延びた者は僅かだった。だがオッシリアンドのエルフはオークに比べて軽装だったため、オークには敵わず、デネソールはアモン・エレブの山頂で包囲された末に討ち死にした。
また、キーアダンは西のオークの軍勢に敗北して海岸際まで追いやられ、ファラスの港で包囲された。この包囲は後にベレリアンド第二の合戦が起きたことで解かれた。

その後の影響

シンゴルは生存者を出来る限り集めてネルドレスレギオンの砦に引き揚げさせ、メリアンが防衛のためにシンゴルの王国エグラドールの周りに魔法帯をめぐらせた。以降、エグラドールはドリアスと呼ばれるようになった。
オッシリアンドナンドール・エルフたちはデネソールの死を悼んで再び王を戴くことをせず、隠れ潜んで戦いに赴くこともしなくなり、ライクウェンディ(緑のエルフ)と呼ばれる民になった。だが守りの堅固なドリアスに逃れ、シンゴルの民(シンダール)に合流した者も多く、その多くはアルソーリエンに住み着いた。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この合戦には名前がついてないのね。そしてドリアスの名前が付いた時期が意外と遅かった -- 2017-01-18 (水) 22:02:51
    • この戦いはノルドールが関わってないからじゃね? -- 2017-01-18 (水) 22:15:07
お名前:
Last-modified: