ヘルム

概要

カテゴリー人名
スペルHelm
その他の呼び名槌手王(ついしゅおう)ヘルム(Helm Hammerhand)*1
種族人間ロヒアリム
性別
生没年第三紀2691~†2759年(享年68)
グラム(父)
兄弟ヒルド(姉妹)
ハレス(息子)、ハマ(息子)、娘(名前不明)

解説

リダーマークの王
第8代
グラム
2718~2741
第9代
槌手王ヘルム
第三紀2741~2759年(18年間)
第10代
フレアラフ
2759~2798

マーク(ローハン)9代目の王。その剛力と不屈さにより歴代の王の中でも特に有名な人物であり、槌手王(ついしゅおう)として知られる。
ヘルム峡谷角笛城の名は、彼にちなむ。

褐色人との確執

『ヘルムはな、自分に押しつけられたねじれた杖が気に入らなきゃ、折ってしまうまでだ。そら!』*2

彼の治世に、褐色人の血を引くと言われた西境の領主フレカは次第に高慢になり、ヘルムのことをほとんど気に留めなくなっていた。
第三紀2754年、フレカがエドラスの会議に突然現れ、自分の息子ウルフの嫁としてヘルムの娘を要求したため、ヘルムは彼と口論になった。王宮内では私闘が禁じられていたため、ヘルムはフレカを強引に外へ連れ出し、素手で彼を打ち殺した。
ヘルムはフレカの近親者を敵だと宣言し、西境に兵力を差し向けて彼らを追放した。

ヘルム峡谷の伝説

2758年、東夷海賊の侵略に乗じて、フレカの息子ウルフ褐色人を率いてマークを蹂躙する(大侵略)。
ヘルムはスースブルグの砦その背後の峡谷に追い詰められたが、長い冬のためにロヒアリムもその敵も大きな損害を受けた。戦いの中で息子のハレスハマを失ったヘルムは、飢えと哀しみのあまり自暴自棄になり、痩せさらばえた身体に白装束を纏うと、大きな角笛を一吹きしては単身で砦から出撃し、敵の野営地に乗り込んでいって素手で多くの人間を殺した。

褐色人の国で長く言い伝えられたことによれば、ヘルムは食糧が見つからなければ人間を食べたという。このため大角笛の音がこだまする度に敵は恐れて奥谷を下って逃げ去り、ヘルム一人のもたらす恐怖は砦を守る多数の兵たちと同じ威力を発揮した。

長い冬もようやく終わりに近づいたある夜、ヘルムはいつものように角笛を吹いて出撃したが戻らず、朝になって堤防の上に立ったまま死んでいる姿で発見された。だがその後も峡谷では大角笛の音が時折こだまし、ヘルムの亡霊が現れてマークの敵を恐怖で殺すと言い伝えられた。
以後スースブルグの砦は角笛城と呼ばれるようになり、周辺の土地はヘルム峡谷ヘルムの堤防と呼ばれるようになった。

彼が葬られたエドラスの塚山には、ひときは多くのシンベルミネが咲き、あたかも雪をかぶっているように見えたという。ヘルムとその息子達の死によって、マーク王家の第一家系は途絶えた。王位は彼の姉妹ヒルドの息子フレアラフが継承し、第二家系となった。

映画『The Lord of the Rings: The War of the Rohirrim』における設定

アニメーション映画『The Lord of the Rings: The War of the Rohirrim』にて、この人物やその戦いが取り上げられると発表されている。

ゲーム『シャドウ・オブ・ウォー』における設定

原作で不明な娘の名前はバーンウィン(Bernwyn)とされている。また、婚姻を要求した領主の名はシリク(warlord Siric)となっている。
ヘルムは奇襲されシリクによって暗殺されかけた後、死の床に現れたサウロンに九つの指輪の一つを嵌められて蘇った。その後シリクを討伐するが、巻き添えとなったバーンウィンを打ち殺してしまう。さらにその怒りで正気を失い、その場にいた者を味方諸共に皆殺しにした。
その後ナズグールと化しており、モルドールの獣を使役する能力を持っている。

備考

追補編』にある、単身で敵地に乗り込んで敵を殺したと言う記述や、亡霊となって敵を殺すという言い伝えを、幽鬼の力によるものとして解釈した設定と思われる。『追補編』と敵の領主の名前が異なっている理由としては、権利の関係上、映画で言及されていない原作の設定や記述を使用できる範囲が限られているためと考えられる。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 半騎馬民族を束ねる統率力と、圧倒的な腕力、そして暴虐非道な性格。比肩する支配者がいるとすれば董卓をおいて他に無いでしょうね。 -- 2013-10-21 (月) 21:15:33
    • 三国志なら馬超は? -- 2013-10-21 (月) 22:31:20
      • 馬超は(表面上は)仁徳の英雄とされている劉備に仕えてる時点でそれ以前の諸々は目を瞑られてるので…… -- 2014-02-05 (水) 21:25:55
      • 呂布はどうでしょう?彼も騎馬民族出身のようですが…。 -- 2014-02-05 (水) 22:06:23
    • 凍死しなくてもいずれは董卓のように誰かに討たれていたと思います -- 2013-10-23 (水) 15:06:11
    • まあやり過ぎで臣下の総スカンくらって全員合意で誅殺されたり主君押込されたりする系の人物だよね -- 2014-02-04 (火) 04:59:07
      • 中央集権化が進んでいない封建制国家ですからね。家臣が一致すればそうなってもおかしくはない -- 2014-02-05 (水) 07:15:10
      • ウルフ率いる褐色人が攻めてきた時、迎え撃たないで角笛城にこもってしまったのは、あまりの暴君振りでローハンの諸侯の指示が得られなかったからじゃない。 相手はあの褐色人だから、大した武装はしてなかったはずだけど? -- 2014-02-11 (火) 19:25:31
      • ヘルムを討伐するために褐色人とローハンの大半の諸侯が組んだと言うのが真相かもね。 -- 2014-02-12 (水) 03:53:44
      • その後、フレアラフはローハン内の褐色人を追い出すのに40年近くかかっていて、おかしいなと思っていたけど、ヘルムに反旗し、なおかつ自分にも従わない諸侯を平定するためだったなら納得いくね。 もしかしたら、サルマンも表向きはフレアラフを支援して裏では、いろいろ画策していたかも。 フレアラフのローハン再平定のエピソードだけでも物語が書けそうだね。 -- 2014-02-12 (水) 08:22:24
      • 封建制国家では普通に有り得る事態ですからね。そのような事態になった理由が理由ですしウルフが呼びかければ諸侯が呼応してもおかしくはないです。 -- 2014-02-12 (水) 17:13:12
    • 違いがあるとすれば、董卓は中央集権国家が分裂する過程で台頭した豪族の一人ですが。 -- 2014-02-15 (土) 15:18:09
  • ぶっちゃけここでヘルムが娘をウルフに嫁がせてたらエオル王家の王権が揺らぐどころではないし、リスクは覚悟でフレカ一族を粛清するしか無かった気もする -- 2014-03-16 (日) 11:11:27
    • 禽獣に過ぎない褐色人に大事な娘を嫁がせるなんて、王として示しがつかないと考えたがあったのでしょうね。 -- 2014-03-18 (火) 10:06:13
      • そもそも家臣の側から「婚姻を要求され」て受け入れるようではエオル王家の権威も終わりでしょう -- 2014-09-01 (月) 22:05:27
      • 少なくともフレカ一門はローハンの有力者だからその評価は妥当ではないかな。どちらかと言うなら有力諸侯の要求に屈してしまったら封建制国家では更に王権が低下しかねないから拒絶するしか無かったんだろうね。 -- 2015-02-06 (金) 19:02:18
    • 粛清するならするで、フレカ一族を徹底的に根絶やしにしなかった事がこの人の最大の失策だろう。とりわけ息子のウルフを処刑も討伐もせずただ追放にとどめた(追補編では「逃げた」とある)のは致命的な失態で、それで後年ローハンの危機に乗じてウルフに復讐の軍を起こされ遂には自身の方が息子共々根絶やしになったのだから、その詰めの甘さは全く評価できない。ヘルムの悪評はその暴虐ぶりよりもむしろ、後先考えない戦略性のなさと慢心による自滅が原因と思う。この人にもう少し知謀があったなら、娘を嫁にやる振りをしてウルフをおびき寄せ婚礼の場でフレカ一族及びその主な家臣を皆殺しにしていただろう。 -- 2020-03-16 (月) 23:38:37
      • 殺しかけたら息の根を止めろ! 情けは厄介な復讐を生む。の台詞がありますが、まさにその通りですな😓 -- 。 2020-03-18 (水) 14:49:08
      • 追補編では、フレカ殺害後すぐに討伐軍を差し向けたがウルフは逃げた、とあるのであって、別に討伐も何もしなかったわけではありません -- 2020-03-20 (金) 14:26:09
      • 上では省略したが、追補編で討伐軍を差し向けた旨記載されている事は勿論知っている。しかし討伐と言うのは相手を討ち取るまでを指し、それで初めて後顧の憂いを断った事になる。ウルフを取り逃がした上ただ追い払った事のみを以て満足し4年もの間放ったらかしておいたのはどう見ても油断であり「致命的な失態」だろう。 -- 2020-04-02 (木) 19:11:24
  • 外からどう罵倒しようと彼が治めていたローハンの民が後世においても彼を英雄視していることから上で言われているような暗愚な暴君でなかったことは確か。変な深読みと個人的な好き嫌いで物を語りすぎな気がします。 -- 2015-02-04 (水) 17:55:30
    • フェアノールも英雄として描かれている中つ国神話だよ
      つまり民族のプライドとしての人物なわけ、善悪はあまり関係ない -- 2021-06-15 (火) 15:40:14
  • ヘルム「この稼業は舐められたらしまいじゃけんのぉ」  いやマジで、弱腰の王なんて弱腰のヤクザの親分より先がない -- 2015-10-31 (土) 01:11:43
    • 弱腰でも成り立つ位国内を整備した結果、お飾りの存在になった例もある -- 2018-02-19 (月) 23:45:49
      • 江戸時代の徳川将軍家みたいにか? 確かに政治の実権は家老が握って、将軍はお飾りだった時期があったな。 -- 2018-02-23 (金) 09:17:28
      • 中国の皇帝とか、絶対王政期のヨーロッパとか -- 2018-02-23 (金) 15:04:31
  • 現代との価値観の違いが偏見の目で見させてしまうのでしょうか。僕はロヒアリムがヘルムを英雄とする心情が全く理解できませんが考える内に現代と中世とで隔たりが大きくあるのは当然な訳で・・・古い時代の歴史を理解するというのは字面をなぞるだけでは難しいんだなぁと考えさせられました。 -- 2018-02-19 (月) 21:36:44
  • 実際、SoWの解釈みたいに幽鬼の力を得てた可能性はあるんだろうか -- 2018-07-15 (日) 22:29:50
  • 第三紀でこれ以上強そうな人間族はビヨルンしか思い浮かばない -- 2020-05-23 (土) 09:05:38
    • ご先祖様のフラムは龍をぶち殺したが、それでもヘルムには勝てんのだろうなぁ。いや、物的証拠はないんだがヘルムより強い「人間」って第三紀の中つ国にはいないと感じる。 -- 2020-09-17 (木) 19:15:14
  • この人物を英雄王と讃えているロヒアリムを他国の民、例えばゴンドールなんかはどう見てたんだろうな。 -- 2020-09-20 (日) 21:53:32
    • 何を仰います。ロヒアリム「エアルヌア、はい論破」それで終わりですよ。いやマジに。ヘルムの施政は王として及第点をつけるのは難しいですが、それでも王として統治して失政し、自らの血でそれを購い果てました。それに比してエアルヌアはそもそも王としての責任を放棄して一介の戦士であるために魔王狩りに出掛け、南方王国の王統の断絶という未曾有の国難をもたらしてます。しかも100%私怨とプライドゆえにです。王国に与えたダメージはヘルムの比じゃないでしょう。俺はエアルヌアをくさす事でヘルムを擁護したいんじゃないです。むしろ私的にはエアルヌアの方が好きです。ですが英雄譚じみた様々な王の統治や苦悩を、現代の価値観で一刀両断するのは少し早計に過ぎるのでは、と感じる次第です。 -- 2020-09-21 (月) 01:26:54
  • よもや槌手王ヘルムと神山健治を同じ話題の中で語る時代が来ようとは…… -- 2021-06-11 (金) 07:49:15
    • え?結局第二紀の話なの?
      2001年公開の実写版映画に至るまでの物語で、「中つ国」ができた伝説決をもできます。監督は 『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』特で知事神山健治。

      出来たとか描いてるからてっきり1紀かと -- 2021-06-11 (金) 11:57:08
  • まさかの主人公化? -- 2021-06-11 (金) 14:29:06
    • 素手で敵を殴り殺す老王だからな
      リアルじゃなさすぎて日本人にしか描けないのかも
      欧米の人間じゃ考えられないタイプの戦闘映像にしか仕上がらない -- 2021-06-11 (金) 22:22:21
      • シャドウオブウォーで描いてたろ
        力の指輪ありとはいえ素手で止めようとした部下殴り殺してたし -- 2021-06-11 (金) 22:41:15
      • それ力の指輪の魔力だよね
        ヘルムは籠城中で餓えて痩せた老体で、武器も持たず単騎敵陣吶喊して殺しまくったからファンタジーすぎるんだよ
        飢えのあまり敵兵の人肉食ってたと敵に噂されるくらい映像に出来ないムチャクチャな王 -- 2021-06-11 (金) 23:03:37
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: