ヘルグリム

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルHerugrim

解説

古英語で「残酷、獰猛」の意。セオデンの佩剣。

ハマは跪いて、緑の宝石を飾り、黄金の留金を巻いた鞘におさめられた長い剣をセオデンに差し出しました。
「殿、古より伝わりしご名刀、ヘルグリムでございます。」*1

グリマによってセオデンが毒され、その後ガンダルフによってセオデンが癒やされると、グリマの櫃の中からこの剣が発見されたため、グリマがくすねていたと推察される。ヘルグリムを返還されたセオデンは、以後この剣を帯びて戦いに臨んだ。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • そのヘルグリム、今どうなったのかな・・・・? -- 2022-01-03 (月) 21:33:11
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: