ヘムロック

概要

カテゴリー植物
スペルhemlock
異訳毒にんじん

解説

ベレンルーシエンが出会ったとき、足下に花を咲かせていた植物。アラゴルン二世が歌ったレイシアンなどに出てくる。古森にも生えていた。

異訳の「毒にんじん」が示す通り実際のヘムロックは毒草で、食べると致命的であり、ソクラテスはこの毒で死んだという。濃緑色の葉は羽状複葉で、上部で対生する。茎は空洞で、紫色の斑点がある。小さな白い花は、複散形花序につく。花言葉は「死も惜しまず」「あなたは私の命取りになる」。(Wikipedia:ドクニンジン

コメント

コメントはありません。 Comments/ヘムロック

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: