ブレット・マッケンジー

概要

カテゴリー関連人物・組織・団体
スペルBret McKenzie

解説

ニュージーランドのミュージシャン・コメンディアン。
ロード・オブ・ザ・リング』のエルロンドの会議の場面に、エルフの一人としてカメオ出演。役名も、はっきり聞き取れるセリフもなかったが、そのキャラクターがファンによってフィグウィットの名前をつけられ、話題となる。そのため『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』に再登場。裂け谷から西方へと去ろうとしたところ、アラゴルン二世エルダリオンの幻を見て立ち止まるアルウェンに話しかけている。

ブレット・マッケンジーは映画『ホビット』において、リンディアという名前付きの役で正式にクレジットされ、改めて出演することになった。フィグウィットとリンディアでは髪型などが異なっており、別人の扱いと思われるが、ピーター・ジャクソンはどう解釈しても構わないとメイキングで語っている。

『ロード・オブ・ザ・リング』でエレンディルを演じているピーター・マッケンジーは実の父。

外部リンク

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 五軍の戦いでは裂け谷で留守番だったりするのでしょうか・・・ 五軍の戦いでもみたいなあ -- 2014-08-04 (月) 02:43:04
  • 旅の仲間の冒頭でエレンディル演じてた俳優さんって、ブレット・マッケンジー氏の実の父親なんだそうですよ。 -- 2014-09-28 (日) 18:30:18
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: