ブレシル

概要

カテゴリー地名
スペルBrethil
その他の呼び名サルハ・ニア・ヒーン・フーリン(Sarch nia Hîn Húrin)*1

解説

シンダール語で「白樺(silver birch)」の意と思われる。ドリアスネルドレスの森の西方、シリオン川とテイグリン川に挟まれた森。中心部にはアモン・オベルがある。
ハラディンの族(ハレスの族)ハレスに導かれて定住した地。魔法帯には含まれていなかったが、ドリアスの王シンゴルは自国の一部と主張していたので、移住の際、ハラディンの族はフィンロドの口利きによってシンゴルからこの地に住む許しを与えられた。
ダゴール・ブラゴルラハの後にはエメルディアに導かれたベオルの族の生き残りが、ニアナイス・アルノイディアド以降はタラス・ディアネン一帯に散在していた他のハラディンの族などが落ち延びてきた。トゥーリンもブレシルの人間たちに救われた後は共に住まった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 記述はないがドリアス滅亡の際、その災禍に巻き込まれたのかもね。 -- 2015-03-04 (水) 14:33:36
  • 指導者がいなくなったら、オークに襲われるかして、散りぢりになったのかもね。 -- 2015-06-24 (水) 10:39:16
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: