ブルイネン

概要

カテゴリー地名
スペルBruinen
その他の呼び名鳴神川(なるかみがわ)(Loudwater)

解説

鳴神川(なるかみがわ)シンダール語名。霧ふり山脈を発し、裂け谷から流れ出て、ミスエイセルに合流する川。
裂け谷の西側を遮っており、西から裂け谷に入り込むにはブルイネンの浅瀬を渡らなければならない*1。この川はエルロンドの支配下にあり、彼は必要とあれば川を増水させて浅瀬の通行を遮断することができた。

地図上の二つの川

指輪物語』本文中の描写ではブルイネンは裂け谷の谷底を流れる川である可能性が高い。『旅の仲間』でアラゴルン二世は「裂け谷から流れ出る鳴神川」*2と言及し、「最後の憩」館でのビルボの部屋は「その部屋は南に面していて、ブルイネン川の峡谷を南に見おろしていました。」*3と説明され、裂け谷でフロドは「音高く流れるブルイネン川の台地の庭」*4を歩いたとされる。

一方、地図上でブルイネンは途中で合流する二つの川筋が描かれている。『ホビットの冒険』の「荒地のくにの地図」は、下書きでは南の川のすぐ側に裂け谷があるが、出版された地図では北の川が太めに描かれ、あたかもそちらが本流のようである。
The Return of the Shadow』によると、トールキンは『ホビットの冒険』のコピーの一つにおいて、地図上の北の川に'Bruinen or Loudwater'、南の川に'Merrill'*5と書き込んでいた。
『指輪物語』の執筆時にトールキンが描いたあるスケッチの地図では、まず黒インクで二つの川筋が描かれ、南の川の側に裂け谷があるが、Bruinenの名は北の川に沿って書かれている。また、この地図では川筋が青チョークでなぞり書きされているが、チョークの線では南の川が北の川に上流で合流するように変更されている。これについてクリストファー・トールキンは『The Return of the Shadow』において、父トールキンは両方の川をブルイネンとする意図があったのかもしれないが、確かなことは言えないとしている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 映画じゃ、そこでアルウェン、ナズグール挑発して、怒って川を渡った幽鬼たちを呪文で流したんだよ。 -- かごめ
    • あれは呪文ではなく祈っただけで、実際に流したのはエルロンドとガンダルフだそうです。SEEコメンタリーだか特典ディスクより -- 名無し 2010-03-17 (水) 00:08:31
      • なんだ、アルウェンが魔法を使ったんじゃなくてパパに言いつけただけか。 -- 2013-04-27 (土) 01:35:45
  • エルロンド「なにー、可愛い娘に何たること! ブルイネン防犯装置、作動!」 -- 2013-04-27 (土) 12:14:50
    • アルウェンに惚れた男どもは、ことごとくブルイネンに... -- 2013-04-28 (日) 00:02:03
      • じゃあ、アラゴルンも一度はwww -- 2013-04-28 (日) 22:36:21
      • だから映画で谷底の川に落ちた時も助かったんですね。経験が活かされてw -- 2013-12-25 (水) 12:36:58
お名前:
Last-modified: