フーリン一世

概要

カテゴリー人名
スペルHúrin I
種族人間ドゥーネダイン
性別
生没年第三紀(2124)~2244年(享年120)
ベレゴルン(父)
トゥーリン一世(息子)

解説

ゴンドール統治権を持つ執政
第4代
ベレゴルン
2148~2204
第5代
フーリン一世
第三紀2204~2244年(40年間)
第6代
トゥーリン一世
2244~2278

ゴンドールの統治権を持つ5代目の執政

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • しかし、自分の名前がフーリンで、息子にトゥーリンと名づけるとは、執政家にして「ナルン・イ・ヒーン・フーリン」を知らなかったわけ無いのに、息子に不幸が訪れるような気はしなかったのだろうか?
     というより、どんな逆境でもいさおしをあげられるよう願ったのか? -- カイト
    • つくづく親子揃って逆境人生になりそうな名前だ・・・逆にどんな逆境にも負けないタフネスガイに育つように付けたのかな? -- 2015-02-02 (月) 16:56:08
  • あくまで「1世」なんですね。初代もフーリンでかつ執政なのに -- 2015-02-01 (日) 21:11:52
    • エミン・アルネンのフーリンはあくまで王の補佐で、ゴンドール統治の実権は持っていなかったからでしょう -- 2015-02-01 (日) 21:22:38
  • この人から先の執政は第一期の人名を付けることが多いようだ。正当性の主張だろうか -- 2017-10-16 (月) 14:33:34
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: