フォロヘル

概要

カテゴリー地名
スペルForochel

解説

エリアドールの北方にある地域*1モルゴス王国の苛烈な寒さが未だに残ると形容される寒冷な気候で、同名の湾は冬には沖合まで氷に覆われる。この地にはロスソス族が住んでいた。

魔王に追われたアルヴェドゥイがこの土地に避難し、ロスソスの援助によって救われた。その後アルヴェドゥイは、灰色港から彼を救出に来た船に乗って脱出しようとするが、嵐によって船はフォロヘル湾で沈没した。(第三紀1975年)

フォロヘル湾(Bay of Forochel)

フォロヘルの氷結湾(Icebay of Forochel)とも呼ばれる。『指輪物語』収録の地図(当サイトの中つ国地図)ではエレド・ルイン北端の側にある湾にこの名があるが、『終わらざりし物語』によると、実際のフォロヘル湾は地図の上部に突端のみが見えるフォロヘル岬に囲まれた広大な湾であり、件の湾はフォロヘル湾南岸の一部に過ぎない。湾は北東に向かって広がっており、フォロヘル岬がその北岸と西岸を成して、湾の南西部が大海に開かれている。*2

フォロヘル岬(Cape of Forochel)

フォロヘル湾を形作る巨大な岬もとい半島。ロスソス族の多くはこの半島に住む。『終わらざりし物語』によると、トールキンの略図の一つでは、中つ国の北岸はこの半島から東北東へ大きな弧を描いており、最北端はカルン・ドゥームの約700マイル北にあたる。

Iron Crown Enterprisesによる設定

諸勢力

地名

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

フォロヘル湾の北東に、ロスソス最大の集落であるスーリ=キラ(Sûri-kylä)があり、その他ピンディ=ペルドット(Pynti-peldot)、カウッパ=コータ(Kauppa-kohta)というロスソスの集落がフォロヘル湾近辺に存在する。
フォロヘル湾西のエレド・ルインにはドワーフの廃墟や廃坑があり(原作においてアルヴェドゥイがドワーフの廃坑に逃げ込んだという記述に従っている)、その土地の一部にはドワーフが戻ってきている。東には、アングマールへと続く鉄間門(The Ironspan)がある。この門はかつてドワーフが作った物だが、ドワーフが放棄した後、アングマリムによって占拠されている。またこの土地には、ガウレダインも住んでいる。

領域

フォロヘルの地名は、ロスソスの民が使う言葉(フィンランド語がベースとなっている)に従って設定されている。

画像

『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるロスソスの集落 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるロスソスの集落 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるロスソスの集落 『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』におけるフォロヘル湾(左側にアルヴェドゥイの難破船)

コメント

コメントはありません。 Comments/フォロヘル

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot_2019-07-14_175200_0.jpg 198件 [詳細]
Last-modified: