フォルンオストの合戦

概要

カテゴリー歴史・事件
スペルBattle of Fornost
異訳フォルノストの合戦

解説

第三紀1975年にフォルンオストの北の平原で行われた、アングマールとそれに対抗する自由の民の戦い。この戦いでアングマールは滅ぼされ、魔王は北方から駆逐された。

参戦国、勢力

西軍
ゴンドールの派遣軍、アルノールの残党、リンドンエルフ裂け谷のエルフ
ホビット庄の弓兵
アングマール

戦況

開戦にいたるまで

第三紀1300年頃に北方に出現した魔国アングマールは、三国に分裂した北方王国アルノールを繰り返し攻撃し、追い詰められたアルセダインは衰退していった。一方の南方王国ゴンドールでは同族の争い悪疫馬車族の来寇といった災いに相次いで見舞われたが、全盛期に築いた強大な国力の名残をまだ保持していた。

1940年、北方王国と南方王国は同盟を新たにし、アルセダインのアルヴェドゥイがゴンドールのフィーリエルを娶る。しかし1944年にゴンドール王オンドヘアが戦死した時、アルヴェドゥイはゴンドールの王位を要求したが、アルセダインが小国と映じるものになってしまっていたためにゴンドールの貴族達に拒否される。ゴンドールの王位を継いだエアルニル二世は、しかし両国の友情を疎かにするものではなく、予は貴国が必要とされる時には、可能な限り、援軍を送るつもりでいる。とアルヴェドゥイに伝えた。

はたして1973年の秋、アルセダインが危急存亡の時にあり、アングマールが最後の攻撃を加えるべく準備中であるとの報せがエアルニルの許に届く。エアルニルは約束通り、割ける限りの兵力を船に乗せてできるだけ速やかに北方へ送ったが、ゴンドールも度重なる災いからの復興の途上にあり、その援軍は時期を逸していた。
1974年の冬が終わる前にアングマールはアルセダインを襲ってその国土を席捲。フォルンオストを占領し、ドゥーネダインの残党をルーン川の西へ追いやった。最後の王アルヴェドゥイはフォロヘルに逃れた末に命を落とした。

エアルニルから援軍を任された息子のエアルヌアは、1975年にようやくリンドンに上陸する。それはゴンドールにとっては小派遣軍に過ぎなかったが、当時のエリアドールの民にとっては驚嘆すべき規模のものに映った。わけてもアンドゥインの谷間から来たと乗手達は驚異の的だった。キーアダンリンドンから集められる限りの者を集め、さらにその下にはアルノールの残党も集結した。
全ての準備が整うと、西軍はアングマールの魔王に挑戦するべく、彼が占領するフォルンオストを目指し、ルーン川を越えて北へ進軍していった。

合戦

進軍してくる西軍に対し、魔王は増上慢を嵩じさせ、敵が本拠にやってくるをの待たずフォルンオストから出撃。これに対して西軍はイヴンディム丘陵から襲いかかり、両軍はネヌイアル湖と北連丘の間の平原で激突した。

アングマール軍は劣勢であり、フォルンオストに向かって退却しようとしたところを北連丘から周ってきたゴンドールの騎兵主力部隊に北から攻め下られ、さんざんに敗退。魔王は敗残兵を集めるとカルン・ドゥームに向かって逃走を試みたが、エアルヌア率いる騎兵部隊が再び彼に追いつき、さらに裂け谷からはグロールフィンデル率いる軍勢が出撃してきた。挟撃されたアングマール軍は完全に殲滅され、エリアドールにその国人は一人として残らなかったという。

アングマールの軍勢が全滅した時、魔王その人がエアルヌアの前に現れて彼を襲おうとした。エアルヌアは立ち向かおうとしたが、彼を運ぶ馬が恐怖に駆られて彼を遠くに運び去ってしまった。そこでグロールフィンデルが魔王に向かっていくと、魔王は再び逃走に転じ、夕闇にまぎれて姿を消した。

こうしてアングマールは滅ぼされた。

戦後

西軍は勝利を収めたが、戦禍によってエリアドールの人口は減少し、北方王国が再建されることはなかった。北方のドゥーネダインは荒野をさすらう野伏となり、その初代族長にはアルヴェドゥイの息子アラナルスが就いた。かれらは人知れず人々を悪しき者から守ることを任務とし、エリアドールの遺民はそうと知らず大きな禍からたびたび救われた。

魔王は北方で自分を敗北せしめたエアルヌアへの憎しみを忘れず、エアルヌアがゴンドールの王となった時に彼に挑戦、ついにはミナス・モルグルに誘い出して罠にかけ、非業の死を遂げさせた。これによりゴンドールでは王統が途絶えた。

王国の再建と王の帰還は、大いなる年エレスサール王の戴冠を待つことになる。

ホビットの弓手

名目上アルセダインの王の臣下であったホビット庄ホビットが主張するところによると、この戦いに彼らは弓の名手たちを王への加勢として送ったが、誰一人帰ってこなかった。このことは人間の歴史には記されていない。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 規模的には多くてせいぜい数千人から10000人程度の戦いだったんだろうな。主力となったゴンドール軍も、黒門の戦いにおける7000人の軍をイムラヒル大公が「全盛期ゴンドールの一部隊にすぎない数」と言ってるくらいだし。アングマール軍もその倍がいいとこか。 -- 2019-09-28 (土) 21:11:08
  • かなり激しい戦いだったんだろうな -- 2020-02-28 (金) 19:14:22
    • 規模はそれほどでなくても凄惨だったのは間違いないな。アルセダインが滅んだことで、魔王は戦力を出し惜しみする必要がない。(たとえ全滅しても目的は達成してるから構わない) 一方ゴンドールやリンドンや裂け谷はアルセダインという防波堤が失われたことで、ここで徹底的にアングマールを滅ぼさないと後に凄まじい禍根を残す事になるからね。 -- 2020-02-28 (金) 19:32:45
      • 魔王としては寧ろ少しでもエルフとゴンドールを弱体させたほうが良いし、敗戦が確定してカルン・ドゥームへの撤退を選んだ段階でもせめて何らかの形で大将に打撃を与えたら儲かりものと考えていたかも。実際エアルヌアに対する武器にはなりましたし。 -- 2020-10-25 (日) 20:09:09
    • そして誰もいなくなった状態 -- 2020-03-12 (木) 22:27:32
  • バギンズ家以前で歴史に残るホビットの活躍ぶり?って精々この辺りか? -- 2020-05-10 (日) 20:38:01
    • でも誰一人も帰還しなかったのなら、活躍を語る人もいないわな...。それを憐れんだエルフが作った鎮魂歌とかがあるのかしらん。 -- 2020-06-16 (火) 23:19:57
      • 逆に想像の翼を広げ放題とも考えられるんだが、ホビットの性分として、あまり戦さ関連の話題は好まれなかったんだろうね -- 2020-06-17 (水) 00:39:11
      • それはあるだろうねー。『フォルノストの勇士達の詩 ~ゆきて帰らざる物語~』って吟遊詩と『フォルノスト名物!王様もペロリなサマープディングをつくろう』ってレシピ歌があったとしたら、ホビット庄の99.9%は後者を聞きたがるだろうしなァ。 -- 2020-06-17 (水) 01:21:14
    • 俺はてっきり「王への加勢」とあったからフォルノストが陥落した時のアルセダイン防衛戦にホビット達が参戦したのかと思ってた。それなら負け戦だし包囲戦だろうから全滅もやむなしだが、勝ち戦なのに全員帰ってこないってもしかしてとんでもなく悲惨な配置に置かれていたんじゃなかろうかホビット軍。エアルヌアがアングマール軍の突出を誘うための囮にしていたとか…。 -- 2021-01-20 (水) 13:12:59
      • もしそうだとしたら、人間の歴史には残っていないのも納得なんだよね。非常に恥ずべき歴史になるわけだからさ。尤もただの妄想で、実際は違うだろうけど。 -- 2021-01-20 (水) 13:15:07
      • ホビットの加勢も大所帯じゃなく、数名の義勇兵が参加して、激戦の中で全滅してしまったというところなんじゃないかな。そうだとすれば、北方王国の崩壊という歴史的な悲劇の中で覆い隠されてしまったのもわかるし。 -- 2021-04-13 (火) 13:20:13
  • 近代軍編成を知っている作者らしい書き方ではある。 -- 2020-10-24 (土) 18:50:33
    • この戦いは妙に史実の戦史臭が漂うよね。なんか元ネタあるのかな。 -- 2020-10-25 (日) 17:52:08
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: