フィリエンフェルド

概要

カテゴリー地名
スペルFirienfeld*1

解説

馬鍬谷の東側の崖の上にある、広々とした高地。馬鍬砦の野営地として使われることもある土地。

芝草とヒースにおおわれた山中の緑の原野で、深くえぐられた雪白(ゆきしろ)の水路から遥かに高く、背後の大きな山々の(ひざ)にのっている形でした。南には荒角(あらつの)系、北には(のこぎり)の刃のようなアイレンサガ山塊(さんかい)、そしてその間の騎士たちの正面にあるのは、ドゥイモルベルグ、すなわち陰気な松林におおわれた急な斜面からそそり立つ精霊(しょうりょう)峻嶮(しゅんけん)な暗い壁でした。この高地を二つに分けて、不格好な立ち石がずらりと二列に並び、その先は夕闇の中にだんだん小さくなって、またその先が林の中に消えていました。この道を()えて行く者があれば、やがてドゥイモルベルグの下の黒々としたおぼろ林に、そしてかの(おびや)かすような石の柱に、さらに、あんぐりと暗い口を開いた禁じられた入り口に出ます。*2

コメント

コメントはありません。 Comments/フィリエンフェルド

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: