バラド=ドゥーア

概要

カテゴリー地名
スペルBarad-dûr
異訳バラド=ドゥア、バラド=デュア
その他の呼び名暗黒の塔(Dark Tower)、ルグブルズ(Lugbúrz)

解説

シンダール語暗黒の塔の意。暗黒語ではルグブルズと呼ばれる。モルドールにある冥王サウロンの大城砦。

それからかれの目はついに釘づけになりました。城壁に城壁を重ね、胸壁に胸壁を重ねて、黒々と、測りがたいほど堅固な、鉄の山、鋼の門、不壊石の塔、それをかれは見ました。これぞ、バラド=ドゥア、サウロンの砦でした。すべての望みが去りました。*1

構造

あの巨大な砦、武器庫、牢獄、大工炉をかねるバラド=ドゥア、 … かの暗黒の塔こそは何者の追随も許さず、へつらいを一笑に付し、己が時機を待ちつつ、己れの全盛と測り難いほどのその力に安住しているのでした。*2

ゴルゴロス高原に突き出たエレド・リスイの支脈の先端に建つ、幾重もの城壁と無数の尖塔からなる巨大な城砦。普段はサウロンが巡らす暗闇と霞に包まれているため、その姿を窺い知ることはできない。
壮大な西門からは西の方向にある滅びの山へ向かうサウロンの道路が伸びる。またモルグル道路アイゼン口へ向かう道路とも結ばれている。城砦の最も高い塔には「目の窓(Window of the Eye)」と呼ばれる、おそらくサウロンの居所に設けられた物見の窓がある。この他にオーク黒坑と呼んで恐れる地下牢などが存在する。

歴史

モルドール中つ国の拠点に選んだサウロンによって、第二紀1000年頃より築城が開始され、一つの指輪が鍛造された1600年頃に完成する。

最後の同盟の戦いでは、エレンディルギル=ガラドの軍勢によって、3434年から3441年に至るまで包囲攻撃を受けた。たまりかねたサウロンは3441年に自ら姿を現わし、滅びの山の山腹でエレンディルとギル=ガラドに斃されたが、バラド=ドゥーアの土台は一つの指輪の力によって築かれていたため、同盟軍はこれを完全に破壊することができず、そのまま廃墟となって残された。

第三紀1980年にはナズグールがモルドールで暗躍し、サウロン帰還の準備を始める。やがてドル・グルドゥアから撤退したサウロンが2942年にモルドールに帰還、2951年に公然と名乗りを上げるとバラド=ドゥーアの再建を開始した。

大いなる年(3019年)には指輪所持者であるフロド・バギンズサムワイズ・ギャムジーが、それぞれ旅の途上でこの城砦の姿を垣間見ている。また指輪戦争の決戦となる黒門の戦いでは、この塔の副官であるサウロンの口西軍の大将たちの前に現われ、サウロンの言葉を伝えた。
一つの指輪が破壊されてサウロンの力が失われると、バラド=ドゥーアの土台に込められた力も消滅して、完全に崩壊した。

束の間かれが垣間見たのは渦巻く雲であり、その雲の中に聳え立つ数多の塔と胸壁が、小山のように高く、数限りない坑を見下ろして、堅固な山の台座の上に立っている姿でした。広大な裁きの館と地下牢、絶壁のようにそそり立った窓のない牢獄館、ぱっくり口を開けた鋼と鉄石の門――これらのものすべてが次の瞬間には消滅しました。塔は倒れ、山は崩れ、城壁は微塵に砕けて、みるみるうちに崩壊し消え失せました。*3

画像

トールキン作画によるバラド=ドゥーアのスケッチ

映画『ロード・オブ・ザ・リング』における設定

高さは2000フィート(約600メートル)の設定。その頂上には、サウロンの目が燃えさかっている。

ゲーム『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における設定

一つの指輪破壊後の、崩壊したバラド=ドゥーアの地下部分に侵入することが可能になっている。
『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における崩壊したバラド=ドゥーア『ロード・オブ・ザ・リングス オンライン』における崩壊したバラド=ドゥーア

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • グロンドもここで鋳て拵えられたのでしょうか?砦、武器庫、牢獄、大工炉を兼ねるとありますし。 -- 2015-02-13 (金) 21:27:18
  • アングバンドと違い内部構造は分からないんだね。 もしかしたら、アングバンドみたいに広大な地下空間があったのかも? -- 2016-02-26 (金) 11:23:33
  • 力がある者は高い塔を作りたくなるのだろうけど、階段の昇り降りは大変だったろうなあ。 -- 2016-02-27 (土) 21:09:20
    • サウロンの魔力で作られてる部分もあるし、その辺は何とかしてるんじゃないの -- 2016-02-28 (日) 17:55:11
    • 映画のガンダルフは、サルマンエレベーターであっという間にオルサンクの頂上に -- 2016-02-29 (月) 10:26:14
    • えっちらおっちら昇り降りしてるサウロンの口を想像すると笑える -- 2016-06-10 (金) 21:27:40
    • トロールの人力エレベーターだろうなあ -- 2016-08-16 (火) 11:25:27
  • 映画版のデザインは麓部分にもっとボリュームが欲しかった「城壁に城壁を重ね、胸壁に胸壁を重ねて」と呼ぶにはちとボリューム不足な気が -- 2016-09-25 (日) 23:30:48
  • 最も高い塔にある目の窓はサンマス=ナウアの入口と向かい合っている、ということは同じ高さだということ。サンマス=ナウアは地上3000フィート(約915m)のところにあるので、バラド=ドゥーアもその高さがあるということになる。 -- 2018-06-14 (木) 17:03:08
  • 主人は地下に大城塞を築いたのに、なぜサウロンは塔を建てたのだろう -- 2020-09-27 (日) 16:07:49
    • サンドロゴリム...。 -- 2020-09-27 (日) 18:27:01
      • 名前間違えてる・・・ -- 2020-09-27 (日) 19:23:13
    • 真面目な話、第一紀はナルゴスロンドやゴンドリン、ベレゴンドみたくエルフやドワーフ側の大国も自然地形を最大限に利用したいわば寄生都市、特に地下集落が主流なので高い塔を作る技術は第二紀のヌメノールが作りあげ中つ国に広げた、という可能性はないでしょうか?サウロンが自らを打倒した(もしくは挑戦してきた)ヌメノールに張り合い、スケールだけでもヌメノールを凌駕した塔を奪い取った技術と自らの業で打ち立てた、という発想は個人的にはロマンがあります。 -- 2020-09-27 (日) 19:24:09
      • あ、ベレゴストです💦 -- 2020-09-27 (日) 19:35:18
    • モルゴスは中つ国の侵食者・破壊者ですが、サウロンは神になろうとしていたので、住まいも崇高な塔を選んだのでしょう -- 2020-09-28 (月) 18:06:22
  • しかしモルドールにも噴火による震動や地震はあったろうに、よくまああんなの建てたよな。サウロンがコントロールしとるのかもしれんが。 -- 2020-09-28 (月) 13:15:45
  • アウレの民だし建築技術自体はモルゴスより高い可能性も? -- 2020-09-28 (月) 15:44:37
    • それはあるかも。そもそも防壁として鉄山脈自体を隆起させることも出来たモルゴスからしたら、チマチマと手作業で作りあげる建築系の創造なんて興味も湧かないし、それ故に磨きもしなかったろうからね。 -- 2020-09-28 (月) 17:49:48
    • モルゴスはそんなイメージある -- 2020-09-29 (火) 00:56:15
  • 最初に建造された時は600年かかってるのに、二度目はその10分の1の期間で完成してる。塔だけを再建したとしてもどういう技術を使ったのか -- 2020-09-29 (火) 23:45:27
    • そりゃ0から築き上げるのと、すでに完成形がある中でそれをなぞって再建するのとでは労力が全然違うでしょう。個人的には、最初の時には特に一つの指輪の力を込めた土台を築くのに時間がかかったのではないかと考えます。 -- 2020-09-30 (水) 18:07:23
  • オルサンクって正直あそこまで高くする必要ある?と思わなくもないがバラド=ドゥアはサウロンがモルドールを取り囲む山脈を越えて周りを見渡すためにも必要な高さだから、わからんでもないわ。サウロンの虚栄心ももちろんあるだろうが。 -- 2020-10-01 (木) 07:53:32
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。

添付ファイル: fileScreenShot00688.jpg 614件 [詳細] fileScreenShot00721.jpg 844件 [詳細] filebaraddur_bytolkien.jpg 1641件 [詳細]
Last-modified: