ハンド

概要

カテゴリー地名
スペルKhand
異訳カンド

解説

モルドールの南東に位置する地。

第三紀1944年にハンドの人間馬車族および近ハラド人と同盟を結び、ゴンドールへ侵攻した。だがエアルニル率いるゴンドールの南軍により撃退された。
終わらざりし物語』「キリオンとエオル」によると、ハンド人とその南隣の民(近ハラド人)は北から伸長してきた馬車族と初めは対立したが、やがてゴンドールの敵同士として講和と同盟を結び、1944年の大規模な侵攻に至ったという。

指輪戦争でハンドはモルドール側に荷担し、ペレンノール野の合戦ではハンドのヴァリアグが投入された。

The Peoples of Middle-earth』によると、『追補編』の草稿では「ハンド」の名はムーマクと同じく、サウロンの同盟者の言葉とされている。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • メソポタミア? -- 2016-07-27 (水) 19:08:20
  • Games Workshopのハンド人は小札鎧を着ている。 -- 2021-04-04 (日) 16:12:05
  • ヴァリアグのスラヴ人疑惑を考えると、案外冷涼で緑もある気候だったりして -- 2021-07-14 (水) 01:11:42
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: