ノルドールの宝石

概要

カテゴリー物・品の名前
スペルJewels of the Noldor

解説

ノルドール族が作った、自然の宝石よりも強い輝きを持つ人工の宝石。
これを最初に考案したのはフェアノールであり、この類の宝石の中で最大のものは彼が作り出したシルマリルである。

フォルメノスにはこの種の宝石が数多く蔵われていたが、砦を襲撃したモルゴスに略奪され、ウンゴリアントに貪り食われてしまった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 緑の石や、エレンディルミアの白い石もこの類かもしれない。 -- 2019-09-15 (日) 16:52:50
  • これを最初に考案したのは、フェアノールですよね。偉大な手技、博識、知性で、色々な物を作り上げてましたね。ノルドールの宝石もその中に含まれていると思うと・・・。 -- 2021-10-10 (日) 23:09:51
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: