ネン・ヒソイル

概要

カテゴリー地名
スペルNen Hithoel*1
異訳ネン・ヒソエル

解説

シンダール語で「霧の冷水(Mist-cool Water)」の意。エミン・ムイルの山々に囲まれた長円形の湖。大河アンドゥインが北側の峡谷から流れ込み、湖の南端からラウロスの大瀑布へ向かって流れ出る。
北の峡谷の入り口にはアルゴナスの門が築かれている。湖の南端ではトル・ブランディアが大河の中から聳え、その西の対岸にアモン・ヘン、東の対岸にアモン・ラウがあり、アモン・ヘンのそばの岸辺にパルス・ガレンの草地がある。

せばまっていた水は拡がり、長円形の湖、水うす青きネン・ヒソイルとなっていました。湖の周囲を取り囲む険しい灰色の山々は、その山腹を木で覆われていましたが、頂には何もなく、陽の光に冷たく光っていました。一番遠い南のはずれには三つの峰が聳えていました。 そのうち真ん中のはあとの二つから離れていくらか前に出ていて、川の中に島のようにそそり立っていました。流れる水は薄青くきらめきながらその島を両の腕でかき抱くようにしていました。遠くかすかにしかし殷々と響きわたって、遠雷にも似た轟音が風に乗って聞こえてきました。*2

コメント

コメントはありません。 Comments/ネン・ヒソイル

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: