ネルラス

概要

カテゴリー人名
スペルNellas
種族エルフシンダール
性別
生没年不明

解説

ドリアスエルフの乙女。ドリアスの王シンゴルの養子となった少年時代のトゥーリンの友。石の天井の下を歩くのを嫌っていたので地下宮殿のメネグロスには行かず、森に住んでいた。

シンゴルの王妃メリアンの命を受けてトゥーリンの友となり、彼にドリアスの風習や自然について、また同地の古雅なシンダール語を教えた。トゥーリンはネルラスとの交流で一時期気持ちが明るくなったが、男として成長するにつれ彼女と会うことはなくなっていった*1。しかしネルラスは隠れながらトゥーリンを見守っていた。

後年、トゥーリンがシンゴルの相談役であるサイロスと争いを起こし、その末にサイロスが死んでトゥーリンがドリアスから逃亡する事件が起こった。この時木の上からトゥーリンを見ていたネルラスは、彼が森の中でサイロスに襲われ、それを返り討ちにするさまを目撃していた。メネグロスで開かれた事件の審判でシンゴルはサイロス殺害の罪でトゥーリンに絶縁と国外追放処分を下そうとしたが、そこにトゥーリンの友であるベレグに連れられてネルラスが現れ、シンゴルの御前でサイロスの襲撃とトゥーリンに殺意がなかったことを証言した。これを受け、シンゴルはトゥーリンを赦免する判決を下した。
事件から約一年後、ガウアワイスの首領となっていたトゥーリンは、彼を捜索していたベレグと再会し、シンゴルの裁きについて伝えられた。だが、トゥーリンはネルラスのことを忘れてしまっており、証言をしてくれた彼女は何者なのか質問してベレグを呆れさせた。

その後ネルラスとトゥーリンが再会することはなかった。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • トゥーリンにとっては子供の頃のことなので仲良くしてくれたお姉さんの事をすっかり忘れ去ってしまったが、ネルラスの方はトゥーリンをずっと愛して見守り続けていたって辺りがいかにも人間とエルフの関係らしい -- 2013-09-12 (木) 10:51:55
    • エルフのお姉さんにお世話して貰えるなんて羨ましい事この上ないシチュエーションなのにそれを忘れるトゥーリン、テメエこの野郎.... -- 2021-11-28 (日) 18:48:22
      • ネルラス「端的に気持ち悪い」 -- 2021-11-28 (日) 19:47:13
  • シンゴル王が養父だから、トゥーリンにとってはこの人は義理のお姉さんみたいなものなのかな・・・ メリアンの命を受けて彼を見守り続けていたそうだし -- 2013-11-18 (月) 21:09:36
  • ネルラスを 何 故 忘れた -- 2021-11-26 (金) 22:26:49
  • ネルラスさん、その後どうなったのでしょうか? -- 2021-11-27 (土) 19:57:41
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: