ネルヤール

概要

カテゴリー種族
スペルNelyar

解説

The War of the Jewels』に記述されている最初期のエルフの氏族。その名はThirds(第三の民)を意味する。
星々の時代、全てのエルフ族の中で三番目に目覚めた族長エネルに治められ、イミンの治める第一氏族ミンヤールタタの治める第二氏族タトゥヤールと共にクイヴィエーネンの畔に暮らしていた。ネルヤールの始祖の数は74人で、合計で144人いる三氏族の中では最も数が多かった。

かれらのうち、およそ3分の2にあたる46人がオロメの説得によってヴァラールの招致に応じ、アマンを目指す大いなる旅に出た。かれらはエルダール最大氏族のテレリとなったが、そこからさらにいくつもの支族に分かれ、全員がアマンに到達したわけではなかった(テレリおよびエルフの項目も参照)。
残りの3分の1にあたる28人は東方に留まり、ヌルウェとモルウェを長とするアヴァリとなった。後の時代のネルヤール系アヴァリの一部は同胞の後を追ってベレリアンドに到達し、エルダールに合流した者たちもいた。かれらとエルダールの関係は良好で、同族に対するのと同等の親しさで接し、授けられる知識を積極的に学んだという。

コメント

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今のアヴァリのネルヤール人、どうなったのでしょうか?
    エルダールと関わったって、聞きましたけど、幸せに暮らせたのでしょうか? -- 2021-10-02 (土) 08:54:00
お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: