ニーシマルダール

概要

カテゴリー地名
スペルNísimaldar

解説

クウェンヤで「香木の地(Fragrant Trees)」の意。エルダロンデ港の周辺に広がる土地の名。エルダンナ湾沿いの斜面から内陸部に至るまで、トル・エレッセアエルダールによってヌーメノールへ持ち込まれた常緑樹が生い茂り、様々な芳香を放っていた。
この地に生えていた木々としてオイオライレライレロッセネッサメルダヴァルダリアンナタニクウェラッセヤヴァンナミーレがあった。これらはニーシマルダール以外のヌーメノールの土地にも植えられて育っていたが、マリノルネ(マルローン)はこの地だけでしか生えず、トル・エレッセアのものと変わらない大きさまで成長した。

ニーシマルダールの木々の素晴らしさに、エルダールはエレッセアの港のようだと語った。中つ国の土地ではほとんど育たないこれらの木々はヌーメノール人の誇りであり、ヌーメノールの滅亡後も多くの歌に歌われ、長く記憶された。

コメント

コメントはありません。 Comments/ニーシマルダール

お名前:

人種差別をあおるもの、公序良俗に反するもの、項目とは関係ないコメント、他コメント者への個人攻撃及び価値観の押しつけや、相手を言い負かすことが目的の非建設的な議論、現実世界の政治および近代・現代史、特定国家、団体、民族などに結びつけ批判、揶揄するようなコメントなどは削除の対象となります。その他コメントについて。
Last-modified: